社長の出身大学ランキング、1位は?


東京商工リサーチは10月9日、2017年「全国社長の出身大学」調査の結果を発表した。調査は、同社の企業データベース約480万社の代表者データ(個人企業を含む)から、公開された出身大学を抽出、集計したもの。

2017年の「全国社長の出身大学」ランキング1位は、「日本大学」で2万2,183人だった。卒業生が約116万人というマンモス大学であることから、2万人超えの断トツ1位に。調査開始以来8年連続のトップとなった。

続く2位は「慶応義塾大学」(1万918人)、3位は「早稲田大学」(1万696人)と、両校ともに1万人を上回る結果に。以下、4位「明治大学」(8,866人)、5位「中央大学」(8,146人)、6位「法政大学」(6,505人)、7位「近畿大学」(5,966人)、8位「東海大学」(5,692人)、9位「同志社大学」(5,082人)、10位「関西大学」(3,988人)と続き、上位10校は前回と同じ顔ぶれで、すべて私立大学が占めた。

一方、国公立大学は、11位の「東京大学」(3,878人)を筆頭に、21位「京都大学」(2,489人)、22位「大阪大学」(2,414人)、26位「北海道大学」(2,161人)、27位「九州大学」(1,984人)、29位「東北大学」(1,927人)など、100位内に25校がランクインした。

100位内のランキングは以下のとおり。

あなたにおすすめ