マッチングアプリにハマる男女が『ねほぱほ』に NHKでのクソビッチ発言は「初回から攻めすぎ」か

しらべぇ

2018/10/11 08:00


(west/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

10日に放送された『ねほりんぱほりん』(NHK)に、マッチングアプリにハマっている男女が登場した。今回がシーズン3初回の放送ということで、視聴者の間では「初回から攻めてる」と話題を呼んでいる。

■マッチングアプリでストーカーに?


マッチングアプリは、自分の写真と年齢、身長、年収、趣味などのプロフィールを登録し、気になる人に「いいね」といったラブコールを送り、相手からもラブコールが来ればマッチングが成立するという仕組み。

5年間で200人もの女性とデートをしてきたという男性は、「プロフィールに寿司などを載せる人は、たかってきそうなため避ける」という。対して、1週間で5人とデートをしていた女性は、「自撮り写真を載せる人はナルシストっぽいためNG」と語る。

そんな2人は、これまでにマッチングアプリによって危険な目にも遭ってきたそう。

男性は、マッチングアプリで出会って自然消滅させようとしていた女の子が、自宅の前で5時間待っていたという衝撃的なエピソードを暴露し、司会の南海キャンディーズ・山里亮太とYOUを震え上がらせた。

■「初回から攻めすぎ」の声相次ぐ


初回から衝撃的な内容を放送したねほりんぱほりんについて、視聴者からは「初回から攻めてる」「怖すぎて震える」などの声が相次いでいる。








■NHKで「クソビッチ」発言


また、ゲストの女性が、本気で好きな人にどれほど遊んできたかをすべて話してしまい、後悔していると語った中で「今までクソビッチだったから…」と発言したことが、多くの視聴者を驚かせた。








■ネットの出会いは女性が多い


しらべぇ編集部では、全国20代~60代の男女1,341名に「ネット上で知り合った人と会ったことがあるか」といった調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

男性が24.4%、女性が28.4%と、女性のほうがネット上で知り合った人と会っていることが判明。

男女ともに危険な目に遭わないよう、相手とじっくりメッセージのやりとりをしてみたり明るい時間に会うなど、マッチングアプリを安全に利用するためには、自衛に努めることが大事かもしれない。

・合わせて読みたい→『ねほぱほ』ナンパ師が3度目の登場 独特すぎる「引退理由」に爆笑

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年2月20日~2016年2月24日
対象:全国20代~60代の男女1,341名

あなたにおすすめ