有働アナに反響、日テレでもまさかの“ドラマ受け”

フリーアナウンサーの有働由美子(49歳)が、10月10日放送の「news zero」(日本テレビ系)に出演。かつてNHKの朝の情報番組「あさイチ」で見せていた“ドラマ受け”をして、反響を呼んでいる。

この日、有働アナは番組冒頭のあいさつで「ドラマを受けたら怒られるかもしれないんですけど、本音で社長にも言いたいですよね。zeroも本音でニュースに向き合って参りたいと思います」と、この日が初回放送だった新垣結衣・松田龍平主演ドラマ「獣になれない私たち」の内容を受けたあいさつを行った。

この有働アナの発言に、ドラマの脚本家である野木亜紀子氏もSNSで「ちょ!まさかの!有働さんの受け!」と驚きのコメントを上げ、ネットでも「有働さんけもなれ受け!」「嬉しい、毎回聞けるのかな?」「ドラマ受けいいなあ。スタッフの人怒らないで定番にして」といった反応が寄せられることに。

なお、有働アナは番組終了後のストリーミング放送「ウドウ反省会」で、調子に乗って“ドラマ受け”をしてしまったが、宮崎では「獣になれない私たち」がリアルタイムで放映されていなかったことについて謝罪し、さらに「news zero」から見始めた人についても謝罪。「以後、気をつけます」と頭を下げていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ