中条あやみ主演映画の劇中音楽を葉加瀬太郎が担当! あの名曲をバイオリンで演奏!?

ザテレビジョン

2018/10/11 07:38

2019年2月1日(金)に公開される中島美嘉の名曲を映画化した作品「雪の華」の劇中音楽を、世界的バイオリニストの葉加瀬太郎が手掛けることが判明。併せて劇中カットも解禁された。

本作は「orange-オレンジ-」(2015)や「羊と鋼の森」(2018)で知られる新鋭・橋本光二郎監督に加え、脚本を「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(2017)や連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年、NHK総合ほか)など、数多くの名作を生み出してきた岡田惠和など一流のスタッフが集結した大型ラブストーリー。

登坂広臣が演じるガラス工芸家を目指す綿引悠輔は、ぶっきらぼうだが真っすぐな青年。

一方、中条あやみ演じる平井美雪は、余命宣告を受けながら憧れの地・フィンランドで見ると奇跡が起こる”赤いオーロラ”を見ることを夢見て、悠輔と出会って生まれて初めての恋をするという役どころだ。

そして初の映画全編の音楽を手掛けることになった葉加瀬は「同じ曲が調を変えテンポを変えて、何度も出てくることによって、どんどん心に積まれていき、最後にクライマックスを迎えるというのが、僕の好きな映画音楽です。

作品全体を通して、徐々に心に沁みていくのが理想ですね。それは、すべての音を手掛けるからこそ初めて出来ることで、とても楽しい作業でした」と、初めて全編を通して映画音楽を手掛けることの喜びを語った。

「雪の華」という楽曲が映画のモチーフになっていることについては「『雪の華』のメロディーを何とか僕のバイオリンで表現したいと考え、オープニングとエンディングにもってくることにしました。

大好きな映画『ベニスに死す』(1971)で使われている、マーラーの5番のようなイメージで『雪の華』を弾けたらいいなと思っています」と、自身のバイオリンで「雪の華」を演奏していることを明かした。

映画については「大変美しい話だと思いました。ピュアな物語というものは、人がいくつになっても心に響きますし、美雪の”覚悟がある愛”には、多くの共感が寄せられると思います」と答え、試写を見終わったときにはすでに音楽のイメージは出来上がっていたという。

また本作は、日本とフィンランドを舞台に繰り広げられる壮大なラブストーリーであるところから「フィンランドが大切な舞台になっていますので、国民的な作曲家のジャン・シベリウスの楽曲を意識しました。

彼の重厚なトーンの緯度や寒さを感じさせる“北の音”を聴いて、曲を作るきっかけにしていました」と映画を彩る楽曲の数々が生み出されていく裏側を語った。

解禁された劇中カットは、フィンランドの雪景色の中で寄り添い見詰め合う、悠輔と美雪の愁いを帯びた印象的なカットや2人が初めて出会った時、クリスマスツリーを抱え優しく微笑む悠輔の姿そして満開の桜並木の中で手を伸ばし、桜の枝を掴もうとする美雪の儚い姿。

いずれも物語を象徴するようなフィンランドと東京の美しいシーンになり、悠輔と美雪、2人のラブストーリーの一端が見られるカットとなっている。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/165287/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ