SKE48・大場美奈からの痛烈パンチライン!「私たちのこと、何もできないと思ってるでしょ?」<映画「アイドル」インタビュー Part3>

ザテレビジョン

2018/10/11 06:00

10月5日に劇場デビュー10周年を迎えたSKE48。6月に地元・名古屋で行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」で念願の1位を獲得した松井珠理奈が体調不良による休養に入るという予想外の事態があった中で、シングル「いきなりパンチライン」のリリースやイベント出演など、怒濤(どとう)の夏を過ごしてきた。

そんな彼女たちの今夏から10周年の記念日までを追ったドキュメンタリー映画「アイドル」が、10月19日(金)から公開される。

今回は10月9日に掲載した合同インタビューの後に行われた、斉藤真木子、高柳明音、大場美奈の個別インタビュー編。

――先ほどの合同インタビューでは、この夏で一番印象に残っているイベントについて話していただきましたが、今度は皆さんが「この夏、私はこのときが一番輝いてた!」というシーンについてお聞きしたいと思います。

斉藤:難しいなー。

大場:何月からですか?

――映画は6月からがメインとのことなので、そこからでお願いします。

高柳:そうすると選抜に入った大場さんは、ねえ?

大場:でも、その日が一番ではないかも。

高柳:違うの!?(笑)。

大場:ラゾーナ川崎プラザでの「いきなりパンチライン」の発売イベントは、輝いていたというか、SKE48として自信がつきましたね。「え!? こんなに人が集まってくれた!」って。

「いきなりパンチライン」の初めてのイベントだったんです。でも、珠理奈さんがいなかったし、PRもあまりできていなかったので、不安だったんですよ。

だけど、いざ出てみたらたくさんの人が集まってくれて、「え? みんなSKE48だって知ってる? 大丈夫?」って。ライブを進めていくうちに人がいなくなっていったら、「やっぱり私たちの力ってここまでなのかな」って思ったけど、皆さんずっといてくれたんです。

個人的にはAKB48世界選抜総選挙で選抜に入れたけど、珠理奈さんがいない初めてのイベントだったりした中で、関東でこんなにもたくさんの人が見てくれたのは、SKE48がどうなっていくかっていう点では自信になりましたね。

斉藤:やっぱり「美浜海遊祭」かなー。いつもいろんなことを考えちゃうし、いろんなことを自らに課しちゃうんですけど、最後の最後まで珠理奈さんの不在を感じさせないようにとみんなで頑張ったのは、未来の自分のためにも、SKE48のビジョンのためにも、自分が戦えたかなって思います。

夏ってアイドルが何倍もかわいく見える季節だと思うし、野外ライブってすごくいいじゃないですか。私はやっぱりライブが一番好きで、ステージの上が楽しいな、天国だなって思うので、劇場公演や他のステージもそうですけど、より輝いて見えたんじゃないかなと思います。

――「美浜海遊祭」ではたくさんの曲を披露しましたが、1曲挙げるとすれば?

斉藤:これは明音ちゃんとも話したんですけど、「夕陽を見ているか?」を全員で歌ったときに…。

高柳:ああ! あれはエモかった!

斉藤:2期生から順番に歌っていって、最後に一番最近入ったドラフト3期生がコメントを言って、私が締めの話をするっていう流れがあったんですけど、そこで後輩が「SKE48に入って初めての夏です」って言ったんです。

私たちは10年目の夏だけど、それぞれの夏があって、感じ方の違うメンバー全員がステージに集まってるのは奇跡だなって思うし、だからみんなにはキラキラしてもらいたい。1人の女の子、1人のアイドルとして輝いてほしいなってその瞬間に改めて思いました。

――高柳さんはいかがでしょうか?

高柳:難しいですね…。いつもキラキラしているつもりだし、ファンの皆さんは「明音ちゃんが一番輝いてたよ」って言ってくれるので、それを否定するつもりではないんですけど、今年は周りのキラキラがすご過ぎて、それに勝てた自信のない夏でした。

美奈、あかりん(須田亜香里)、6期生、(小畑)優奈…本当に周りの勢いがすごかったなって感じて、「自分もまだまだだな」って10年目でも思いました。キャプテンになった当初は「大丈夫かな?」って見ていた真木子も、3年目でしっかりしてきたなって…何目線か分からないですけど(笑)。

同期の(内山)命も今年の総選挙で初ランクインしたり、みんなのキラキラがすごかったから、自分は満足してないです。もちろん楽しかったですよ。ファンの人には楽しかったって思ってほしいし、「明音ちゃんが輝いてた」って思ってくれているのはうそじゃないけど、私はもっと頑張らなきゃなって思いました。

――今回のドキュメンタリー映画のタイトルが「アイドル」ですが、サブタイトルを付けるとしたら、みなさんどんなサブタイトルを付けますか?

高柳:フライヤーに書いてある“あなたの目にアイドルはどう映っていますか?”っていうのがサブタイトルみたいだよね。“SKE48”って書かないのはこだわりかな。

大場:キラキラ映画に見せないのが欲しいなー(笑)。(フライヤーに)“壮絶な”って書いてあるけど、そういう感じ欲しくない? だって、普通は見せちゃいけないような裏側も映ってるんでしょ?

(考えて黙り込む3人…)

高柳:次の質問にいってください! その間に考えます!(笑)。

――了解です(笑)。では、今年SKE48が10周年ということで、皆さんが10年後…だと遠過ぎるので、10カ月後(2019年8月)までにやっておきたいことや達成しておきたい目標などはありますか?

高柳:SKE48の10周年は今年の10月ですけど、2期生の10周年は来年の3月なんですよ。なので、自分たちの10周年をどう迎えるかはちょっと考えたいですね。

斉藤:そうだねー。

高柳:私たちは今まで自分たちの何周年ってお祝いをしたことがなかったので、「10周年くらい何か祝ってもらってもいいんじゃないですか!?」って(笑)。

斉藤:10周年キャンペーンを(笑)。

高柳:やりたいですね。10周年のときくらいは2期生に何かください(笑)。

斉藤:私の答えもこれに乗っかりで(笑)。

――大場さんはどうですか?

大場:ソファを買い替えるしか思いつかなかった(笑)。

高柳:すごいプライベート!

大場:あとは写真集を出したいですね。来年の6月までに出さないと“総選挙8位”っていうブランドがなくなってしまうので。

高柳:分からないよ? 来年も8位かもしれないよ?(笑)。

――じゃあ、先ほどのサブタイトルの質問に戻りますが、何か思い付きましたか?

大場:“絶体絶命”。

一同:(笑)。

大場:“絶体絶命のとき、女の子たちはどうするか?”。

高柳:戦い感がすごい(笑)。

斉藤:それ完全にもう後がないよね(笑)。

大場:でも、割と絶体絶命だったでしょ?

(回答して緊張感の解けた大場、再び考え込む斉藤と高柳…)

大場:…“女たちの修羅場”とかは?

一同:(爆笑)。

高柳:戦ってる感は確かにあったけど、意味が違う!(笑)。

大場:だって「アイドル」ってタイトルの下に“女たちの修羅場”って書いてあったら、「どういうこと?」って思わない?

高柳:ちょっとそれっぽく“応援のカタチ”。ファンの皆さんからの応援もだけど、私たちもファンの皆さんの人生を応援していると思うので。SKE48とは書かなくても、応援し合っているのがSKE48っぽいかなって思います。

大場:また思いついた。“普段何もできない女の子たちの過ごし方”。

斉藤:普段ダラダラしてるみたいに言うな(笑)。

大場:だって世間はアイドルって何もできないと思ってるじゃん。だから、あえてそこを書く。「私たちのこと、何もできないと思ってるでしょ?」って。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/164771/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ