広瀬章人八段、大注目の竜王戦七番勝負に「重みを感じる」羽生善治竜王は防衛でタイトル100期、失冠で“無冠”に

AbemaTIMES

2018/10/10 21:30


 将棋の第31期竜王戦七番勝負が、10月11日から開幕する。羽生善治竜王(48)に挑戦する広瀬章人八段(31)は、竜王位初挑戦。さらに羽生竜王が防衛すればタイトル100期、失冠すれば27年ぶりの“無冠”となる大注目のシリーズに「最高棋戦の竜王戦ということで、重みというものを感じている次第です」と、対局を前日に控えた10月10日に語った。

 2005年にプロデビューした広瀬八段が、ついにたどり着いた最高棋戦・竜王戦の七番勝負。相手も第一人者の羽生竜王となれば、これ以上の晴れ舞台はない。さらには、普段の竜王戦七番勝負とは異なる注目が集まっているからこそ、気合もさらに入る。意気込みについて聞かれると「私自身のこともそうですが、対戦相手の羽生竜王の記録がかかっているということもあるので、その責任感をもって、いいシリーズにしたいかなと思っています」と、その注目から目を逸らさずに向き合っている。

将棋界に巻き起こる、大きなうねりの中で行われるシリーズだ。豊島将之二冠が誕生するまで、8つあるタイトルを8人が1人ずつ持ち合う戦国時代。この中で、総大将でもある羽生竜王がタイトルを失い“無冠”になれば、まさに誰が頂点に立つかを激しく争う、本格的な戦国時代の訪れを告げることになる。「(羽生竜王が防衛でも失冠でも)どちらに転んでも将棋界にとっては大きなニュースになると思います。羽生さんが無冠に転落したら、本当に戦国時代に突入したという風にみなさんが思うはずなので、そのあたりは私自身のモチベーションにしてやっていきたいなと思いますね」と励みにしている。

31歳の広瀬八段にとって、既に20代のタイトルホルダーが現れている以上、時の流れに取り残されるわけにはいかない。それどころか最高棋戦のタイトルを取って、頂点に立つことが、何よりも存在を示すことになる。「自分らしい将棋をお見せして、七番勝負を盛り上げられるように頑張りたいです」と、控えめに語ったが、シリーズを終わる頃には新たな主役となっているかもしれない。

竜王戦七番勝負は持ち時間が各8時間の2日制。第1局は10月11、12日に東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で行われる。AbemaTVではこの対局を終了まで生中継する。

(C)AbemaTV

▶10/11(木)8:30~ 第31期 竜王戦 七番勝負 第一局 1日目 羽生善治竜王 対 広瀬章人八段 ▶10/12(金)8:30~ 第31期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 羽生善治竜王 対 広瀬章人八段 ▶10/16(火)8:30~ 第66期 王座戦 五番勝負 第四局 中村太地王座 対 斎藤慎太郎七段 ▶10/17(水)9:30~ 第49期 新人王戦 決勝三番勝負 第二局 藤井聡太七段 対 出口若武三段

あなたにおすすめ