太田光代氏、ツイッターで爆問太田の“裏口入学報道訴訟”経緯説明

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(53)の妻で所属事務所社長の太田光代氏(54)が自身のツイッターを更新。太田が、日本大芸術学部に裏口入学したとの虚偽の記事を週刊新潮に掲載され名誉を毀損(きそん)されたとして、新潮社に対して起こした訴訟について説明した。

 9日に東京地裁で開かれた第1回口頭弁論では太田側は「記事の内容は事実無根」と主張。新潮社は請求棄却を求めた。太田や光代氏は出廷しなかったが、今後要請があれば太田も光代氏も出廷する予定。

 ツイッターでは「経緯を説明すると以前に言ったから、キチンとしなくてはね」と切り出し「今回の裁判の件。週刊誌が発売されたと同時に、弊社顧問弁護士事務所に相談。迅速に訴状を作成頂き、確認のもと8月10日郵送で裁判所に提出。8月12日 東京地裁訴状受理。9月 先方に裁判所より呼び出し。10月9日 初公判」とここまでの流れを報告。

 第2回口頭弁論は11月19日で「裁判はひと月ごとの進行だと言われるから、受理されたのが早いと思っていました。休日お盆でも夜間受付した裁判所も早く、以来着々と、ひと月ごとに進んでいます。弊社、顧問弁護士事務所も、何時もながら迅速に進めてくれています」とツイートした。

あなたにおすすめ