【国際送金】オレはこうやってジャパンマネーを受け取っている / マサイ通信:第200回



スパ! オレは今、ハッピーだ。なぜならば、「マサイ通信の原稿料」という名目の、グッドなジャパンマネーをゲットしたからだ。ウッホホーイ! あ、もちろん連載200回目ってのもハッピーだぞ。でも、それより「お金」なんだよな。

いつぞやか、毎月月末は「催促」って話はしたと思うが、毎月はじめは「原稿料の支払日」なんだよね。で、オレがどうやって原稿料ことジャパンマネーを受け取っているのか……気になる人も多いのでは? 軽く教えておこう。

まずは月あたま、日本のゴー(羽鳥)は原稿料の計算をする。そして、1本1本の原稿料の金額を教えてもらいつつ、「合計○○○○○円支払うよ」って連絡を受ける。

そして翌日、ゴーは「Western Union(ウエスタンユニオン)」の「国際送金サービス」に対応しているお店に行って送金の手続きをする。お金もそのお店に払ってな。んで手続きが終わったら、オレに10ケタの数字を教えてくれるんだ。

オレはオレで、キマナの街に向かう。キマナにはウエスタンユニオンに対応しているお店があるから、そこで受け取りの手続きだ。自分の名前やゴーの名前、そして10ケタの数字とかを用紙に記入すれば……お金がもらえるってわけなのさ。

手数料はとられるけども、こうしてお金の受け渡しができるとか、ウエスタンユニオンはマジで神。オレには住所がないから荷物の受け渡しは難航するけど、お金の受け渡しは逆にスムーズなのだ。ありがてえこった。じゃな、オレセリ!

参考リンク:ウエスタンユニオン
Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ