純粋と鈍感は違う!鈍感すぎて恋愛対象から外れる瞬間

カナウ

2018/10/10 19:00


純粋と鈍感は違う!鈍感すぎて恋愛対象から外れる瞬間

真剣にお付き合いするのなら、遊び慣れたチャラい人よりも、一途で純粋(ピュア)な人が良いな…そう思ったことはありませんか。

自分の気持ちに素直で純粋でまっすぐな子。ちょっと天然が入ったくらいの子の方が可愛い!こんな感じの子がタイプの人もいるのではないでしょうか。

ですが、純粋と鈍感の境界線って微妙なラインなのです。

そこで今回は鈍感すぎて恋愛対象から外れる瞬間をご紹介します。

「純粋」と「鈍感」の違いって?


純粋…素直、まっすぐ、人を信じる。人を疑わない

鈍感…感覚が鈍い。感情が鈍い。頭の回転が鈍い

純粋な人は、基本的に人のことを疑いません。また、恋愛において「駆け引き」などは苦手。計算して動く、ということはありません。

不器用ですがまっすぐで一途。いつも相手ときちんと向き合おうとします。ですが恋愛経験が少ない人も多く、人にウソをつかれて騙されてしまうこともあります。

鈍感な人は、文字の通り、感情に鈍いということ。「今、相手はどういう気持ちなのか」「何をしてほしいのか」など瞬時に察してくれることはなく、いつでもマイペース。

こういったタイプを恋愛対象にするのには、ちょっと根気がいるかもしれませんね。

恋愛対象から外れる瞬間


・あまりに鈍感すぎて、ラインや電話など、こちらからのアプローチに全く気付いていない!正直、疲れる(20代、女性、サロン経営)

・空気が読めない子!飲み会とかで思ったことを何でも口にして、その場の空気を凍らす。この瞬間、一気に冷めた(30代、男性、不動産)

 

・ドタキャン、遅刻がしょっちゅうある子。マイペースすぎる。自己中?と感じた瞬間、恋愛対象から外れた(40代、男性、医師)

 

・気が利かない。気配りができない女性は恋愛対象外。(20代、男性、会社員)

こういった意見があります。

鈍感だと、相手の感情がどういう状態なのか?気が付くことができません。

また、相手がキズつくことも平気で口にしたりしてしまいます。

いわゆる「空気が読めない」人のことですね。

これは恋愛対象から外れてしまう、大きな要因です。

鈍感であることは悪いことではありませんが、恋愛の対象としてみてもらうためには、周囲への気配り、そしてある程度の「感」は必要なものです。

まとめ


いかがでしたか。

「純粋」と「鈍感」の違いは分かっていただけたでしょうか。

鈍感な人は、周囲への気遣いどころか、せっかくの異性からのアプローチにも気が付きません。これでは恋愛対象から外れてしまいますね。

10代、20代前半の若い頃は、周りの空気が読めなくても、「若いから仕方ないか」と許されることが多いです。ですが、年齢を重ねるにつれてそれはタブーになってきます。男女問わず、「気遣い」ができることはとても重要なことです。

恋人が欲しい!と思っている人は、周りの空気を読むように気を配るように心がけてみましょう。また、これまでの自分自身のことも客観的に見つめ直して、上手に気遣いはできる人を目指してくださいね。

(すずか/ライター)

あなたにおすすめ