タバコ代目的で通行人に襲いかかった3少年 逮捕も「どうしようもない」の声

しらべぇ

2018/10/10 18:40


(digicomphoto/iStock/Thinkstock)

9日、大阪府警東署は路上で通行人に対して暴力を振るい現金を奪ったとして、強盗致傷容疑などで、大阪市内の18~19歳の少年3人を逮捕したと発表。

呆れた動機と野蛮な犯行に、ネット上では怒りの声があがっている。

■「タバコ代」目当てに通行人に襲いかかる


産経WEST」によると、逮捕容疑は4月22日午前2時頃。市内の路上で私立高校2年の男子生徒(16)に襲いかかり、顔を殴るなどして現金1000円などを奪ったほか、別の場所でも飲食店店長の男性(29)の胸を足蹴りするなどし、現金15万円などを奪った疑いがある。

なお、警察の取り調べに対し、少年らは大筋で容疑を認めており、「タバコ代や食事代にあてた」などと供述しているという。

■怒りの声が相次ぐ


この報道に対し、ネット上では怒りの声が相次ぐことに。

・タバコ代欲しさに暴力振るわれたらたまったもんじゃない。どんだけ暴力が身近にあるのか!

・余罪がありそうな三人組ですね? 手口・役割に分担が決まっていそう!

・こいつら、更生すると思う? しないだろう

・日本の政府や司法は、それでも少年法で守るのか?

・どうしようもないやつらだ

■「少年なのか?」の声も


また、未成年ということで匿名での報道となったことに対し、「そもそも18歳、19歳は少年なのか?」と疑問視する人も。

・18、19歳を少年と表記しなければいけないことの恐ろしさ

・その年ならやっていいこと悪いことの分別くらいついてるだろう

成人していないため、彼らは法律的には守られる立場かもしれないが、社会的ではその年令ですでに働いている人も多い。それだけに、違和感を覚えてしまう人も多いようだ。

■男性の2割弱に「カツアゲ被害経験」


しらべぇ編集部では以前、「カツアゲ」について全国の20~60代の男女1342名に調査を実施。その結果、「カツアゲされたことがある」と答えた人は男女では大きな差が見られ、男性は18%が経験アリだった。

(©ニュースサイトしらべぇ)

今回の事件では言葉での脅しよりも、より直接的な暴力が用いられたため、カツアゲ以上に悪質と言えるだろう。

難しそうだが、少年らが更生し、せめて他者に迷惑を与えない人間に変わってくれることを願いたい。

・合わせて読みたい→「コルク狩り」容疑で少年らが逮捕 「なんのことかわからなかった」の声相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20~60代の男女1342名(有効回答数)

あなたにおすすめ