【関東】冬絶景17選!この冬に行くべきおすすめスポットを厳選

じゃらんnews

2018/10/10 16:02


huyuzekkei

吐く息が白くなり、街がイルミネーションで賑やかになると、
いよいよ待ちに待った冬の到来!
今回は関東のおすすめ冬絶景をご紹介します。
華厳滝や袋田の滝、ライトアップしたドイツ村まで観光スポット盛りだくさん。
ぜひ冬のお出かけプランに組み込んでみて♪

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
埼玉の冬絶景
三十槌の氷柱
三十槌の氷柱出典:じゃらん 観光ガイド 三十槌の氷柱
奥秩父の冬の名勝「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」は、岩清水が凍り作り上げられる氷の芸術です。寒さが厳しくなっていくと徐々にその姿を現していきます。

\口コミ ピックアップ/
秩父で有名な3大氷柱。どこも圧倒的なスケールで見応え充分。一日で3大氷柱(プラス1つ)を制覇しました!
(行った時期:2018年2月)

秩父には、他にも人工で作った氷柱はいくつかあるけれど、三十槌の氷柱は、
やはり天然の迫力があって、ほんとに素晴らしい。駐車場から美しい川べりを近づていく
につれ、自然の大きさを目の当たりにして感動する。
(行った時期:2018年2月19日)
三十槌の氷柱
住所/埼玉県秩父市大滝
「三十槌の氷柱」の詳細はこちら
尾ノ内百景氷柱
尾ノ内百景氷柱出典:じゃらん 観光ガイド 尾ノ内百景氷柱
尾ノ内渓谷に人工的に作った氷柱です。手前につり橋があり、ここからの眺めは圧巻です。夜間は電気自動車を電源としたライトアップも行われます。

\口コミ ピックアップ/
尾ノ内渓谷の氷柱ライトアップを見てきました。ライトアップ前までは橋を渡れますが、ライトアップ時は橋は通行止めになります。様々な色に変わる氷柱が良かったです。
(行った時期:2017年2月)

氷った宝登山神社で蕎麦を食べた後、蕎麦屋でふと見つけた氷柱のポスター。3箇所もあり、一番近い尾の内百景氷柱に行きました。会場に着くまでに道は誰もいず、車ともすれ違わず、いささか心配になりましたが、会場には結構人がいました。氷柱は初めて見ましたが、素晴らしいものでした。もうすぐ期間は過ぎるらしかったのですが、まだまだ見応えはあり、吊り橋から見る景色は自然の芸術でした。地元の人に頂いた甘酒が美味でした。
(行った時期:2016年2月)
尾ノ内百景氷柱
住所/埼玉県秩父郡小鹿野町河原沢996-1
「尾ノ内百景氷柱」の詳細はこちら
栃木の冬絶景
華厳滝
華厳滝出典:じゃらん 観光ガイド 華厳滝
日本三大名瀑の一つ。中禅寺湖の流出口にある。観瀑台までエレベーターが通じ、97メートルの岩壁を一気に落ちる様がみられる。

\口コミ ピックアップ/
滝のいたるところに、つららができていました。
あの速さで流れ落ちる滝の水が凍っていくのは不思議でした。
お天気だと、残り雪が細かく風に吹かれて
キラキラと空中を舞っているのが、とてもきれいでした!
(行った時期:2018年2月)

午後は雲が下りてくるので、午前中の早い時間帯の方が見える確率が高いです。
また、この季節は気温より水温の方が高いので湯気みたいに、しぶきと共に蒸気みたいなのが沸いて幻想的です。
(行った時期:2017年12月)
華厳滝
住所/栃木県日光市中宮祠
「華厳滝」の詳細はこちら
竜頭ノ滝
竜頭ノ滝出典:じゃらん 観光ガイド 竜頭ノ滝
湯川の急流が岩をはみ奔流する長さ210メートルの流れる滝。展望台や落着いた茶屋などがある。

\口コミ ピックアップ/
流れ落ちる水が凍ってつららができてました!!
下のほうには雪が残っていて、その雪の塊が龍にみえました~
竜頭の滝にいらっしゃる龍さんは、眼を開けてりりしく茶屋の方を見据えてました☆ かっこいい。
(行った時期:2018年2月)

想像以上に良かったです。滝の音と水量が凄く、華厳の滝も良いですがより近くで見られるので迫力もあります。階段も手すりがあり、ベンチなどもあるので、歩きやすいです。ゆっくり見るのも良さそうです。
(行った時期:2017年11月)
竜頭ノ滝
住所/栃木県日光市中宮祠
「竜頭ノ滝」の詳細はこちら
戦場ヶ原
戦場ヶ原出典:じゃらん 観光ガイド 戦場ヶ原
湯川が男体山の噴火で堰き止められた堰止湖であったのが、堆積によって湿原化したもの。名前の由来は「戦場ヶ原神戦譚」による。アカギの神(赤城山)とニッコウの神(男体山)がそれぞれ大ムカデ(赤城山)と大蛇(男体山)に化けて戦った場であるという伝説に基づくもの。なお、この伝説で勝ったのはニッコウの神(男体山)である。 高層湿原、低層湿原、中間湿原の3つが揃っており、高山植物の宝庫。ワタスゲやズミ、レンゲツツジ、ホザキシモツケなどが6~8月頃に楽しめる。また、野鳥の種類が多いことでも有名。

\口コミ ピックアップ/
非常に魅力があるスポットだったので、ついつい私たちは長居してしまいました。ドライブ途中に休憩出来てしまいました。
(行った時期:2018年1月)

野生の鹿に遭遇しました。あちらも驚いた様子で引きかえしてくれました。大きさもかなり有り、野生を間近で見たのは初めてで良い思い出になりました。
(行った時期:2018年1月)
戦場ヶ原
住所/栃木県日光市中宮祠
「戦場ヶ原」の詳細はこちら
龍王峡
龍王峡出典:じゃらん 観光ガイド 龍王峡
今から2200万年前に海底火山の活動によって噴出した火山岩が鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったと言われています。川治温泉と鬼怒川温泉の間にあり、巨石間を奔流し滝を集め、特に春から秋にかけて素晴らしい。

\口コミ ピックアップ/
橋から見える渓谷美が、最高。空気も澄んでいて、癒されます。売店のかき氷は、散策後に食べましたが、大変に美味しくて感動しました。また、行きたいスポットです。
(行った時期:2018年1月14日)

天気も最高でこの絶景に感動しました
エメラルド色の川の水がとっても幻想的でした
白い岩の形状が本当に見事!
ものすごい迫力があります
1.5キロコースを回ったのですがそこまで登り下りが激しくないのでちょっとお散歩に丁度いいです
(行った時期:2017年12月)
龍王峡
住所/栃木県日光市藤原
「龍王峡」の詳細はこちら
群馬の冬絶景
榛名山(榛名富士)
榛名山(榛名富士)出典:じゃらん 観光ガイド 榛名山(榛名富士)
\口コミ ピックアップ/
榛名湖に映る姿が美しい、榛名富士と呼ばれる榛名山。標高の高い場所にこれだけ満々の水をたたえた湖との対比で語られる。
(行った時期:2017年11月30日)

一年を通じてドライブに良いです。群馬原町から入って高崎に抜けるコースで榛名山が見えてくると間もなく湖へ降りる道で半周して榛名公園に来ると榛名富士の形も違う山に見えてくる。
(行った時期:2017年11月)
榛名山(榛名富士)
住所/群馬県高崎市榛名湖町
「榛名山(榛名富士)」の詳細はこちら
奥四万湖
奥四万湖出典:じゃらん 観光ガイド 奥四万湖
平成11年7月に完成。周辺にはダム資料館と入浴施設がある。

\口コミ ピックアップ/
エメラルドグリーンの色をしている美しい湖です。湖に隣接する滝などを観光しながら、車でのドライブをオススメします
(行った時期:2017年12月)

湖の周りをドライブや散策できる道も整備されているので、近くに行かれたら、是非訪ねることをお勧めします。
(行った時期:2017年12月)
奥四万湖
住所/群馬県吾妻郡中之条町四万
「奥四万湖」の詳細はこちら
早滝
早滝出典:じゃらん 観光ガイド 早滝
水量が豊富で雄大。紅葉時の眺めがよく、また厳冬期には氷瀑も見られる。
早滝
住所/群馬県多野郡神流町塩沢
「早滝」の詳細はこちら
東京の冬絶景
上野東照宮ぼたん苑
上野東照宮ぼたん苑出典:じゃらん 観光ガイド 上野東照宮ぼたん苑
昭和55年(1980)に日中友好を記念して開苑。当初は寄贈された中国牡丹を中心に70品種でしたが、現在では中国牡丹、アメリカ品種、フランス品種を含め500株以上の牡丹があでやかに咲き誇ります。牡丹には二期咲き(早春と初冬)の性質を持つ品種があり、4月中旬には「春のぼたん祭り」、1月からは寒牡丹を楽しむことができます。

\口コミ ピックアップ/
東照宮へ初詣に行きながらぼたん苑へ行きました。
ぼたんだけでなく水仙なども咲いています。
途中で休憩できるところがあり、火鉢であたたまりながらお茶をいただけます。
(行った時期:2017年1月)

1月上旬から2月下旬までは冬ぼたんを楽しむことができます。真冬に花の観賞を楽しめる貴重な機会です。晴天の日曜日に訪れましたがあまり混雑はしておらず、静かに花を見ることができました。
(行った時期:2017年2月11日)
上野東照宮ぼたん苑
住所/東京都台東区上野公園9-88
「上野東照宮ぼたん苑」の詳細はこちら
表参道
表参道出典:じゃらん 観光ガイド 表参道
\口コミ ピックアップ/
いろんな種類の雑貨屋さんがあるので、どのお店に行っても可愛い雑貨に出会え買い物がすごく楽しい♪
ついつい買いすぎちゃうけど、それも旅の思い出の一つでいいですよね
(行った時期:2018年1月)

冬のイルミネーションがおすすめ。通りの両側の木にオレンジ色のイルミネーションが輝いていて写真映えします。
(行った時期:2018年1月)
表参道
住所/東京都渋谷区神宮前4~5丁目
「表参道」の詳細はこちら
神奈川の冬絶景
芦ノ湖
芦ノ湖出典:じゃらん 観光ガイド 芦ノ湖
\口コミ ピックアップ/
夕焼けがとても綺麗で良かった!
芦ノ湖から見える箱根神社はとても絶景でした!
また行く機会が有れば行きたいでさ!
(行った時期:2018年2月)

少し雪も積もっていて冬の箱根という感じで素晴らしかったです。ここまで足を延ばす価値があると思います。写真もとても綺麗な景色でした
(行った時期:2018年2月)
芦ノ湖
住所/神奈川県足柄下郡箱根町箱根184-1
「芦ノ湖」の詳細はこちら
箱根ロープウェイ
箱根ロープウェイ出典:じゃらん 観光ガイド 箱根ロープウェイ
箱根ロープウェイは、全長約4km、神奈川県足柄下郡箱根町の早雲山駅と桃源台駅を結ぶ、日本一長い路線を誇る索道です。
乗車人数は2008年度に201万人を超え、翌年にギネスのゴンドラ・リフト部門で世界一に認定。
このロープウェイは、早雲山駅を出発すると、ロープウェイはぐんぐんと山の斜面を登り、大涌谷駅がある標高1,044mまで一気に登り、その先の桃源台駅までは芦ノ湖や富士山を眺めながら約20分間の空中散歩が楽しめます。
※月2回、メンテナンス運休日があるため要注意
※火山ガスの影響により、発作などを起こす可能性のある方の乗車は出来ない可能性があります

\口コミ ピックアップ/
箱根は数えられない程何度も来ていますが、いつも車で行くので、はじめて乗りました。大涌谷、絶景でした。この世の果てみたいな日本じゃないみたいな。山を越えると一気に景色が変わる感動凄かったです
(行った時期:2018年1月)

とても眺めがよく景色も最高!富士山もとっても綺麗に見えて子供たちも大興奮でした!
ロープウェイ、ケーブルカー、登山電車、ロマンスカー、海賊船と今回の旅で色々な乗り物に乗りましたが、子供はダントツでロープウェイがお気に入りだったようです。
またぜひ遊びに行きます!
(行った時期:2018年1月)
箱根ロープウェイ
住所/神奈川県足柄下郡箱根町強羅
「箱根ロープウェイ」の詳細はこちら
千葉の冬絶景
東京ドイツ村
東京ドイツ村出典:じゃらん 観光ガイド 東京ドイツ村
広い芝生と青空の中で時間を忘れてくつろごう
千葉県袖ヶ浦市に位置する自然がいっぱいの東京ドイツ村。のんびり過ごせる広大な芝生広場を中心に様々な遊具が整備されたわんぱく広場、小動物と触れ合えるこども動物園、ペダルボート、観覧車など10種類以上のアトラクションが楽しめる。また、フラワーガーデンや園内3ヶ所の遊歩道で自然を余すところ無く満喫できる。慌ただしい日常を抜け出してゆったりとした時間が過ごせる東京ドイツ村に行ってみよう。

\口コミ ピックアップ/
広大な敷地のテーマパークですが、イルミネーションが最も有名です。毎年工夫を凝らしており、車なら東京からもアクセスしやすいです。
(行った時期:2017年12月)

イルミネーションがほんとに綺麗。
ゴルフ場を使った施設なので、高低差があり、余計綺麗に見えます。イルミネーション以外にもたくさん遊べるので、早くから来て夜までいても楽しめます。
(行った時期:2017年12月)
東京ドイツ村
住所/千葉県袖ヶ浦市永吉419
「東京ドイツ村」の詳細はこちら
九十九谷展望公園
九十九谷展望公園出典:じゃらん 観光ガイド 九十九谷展望公園
房総三山のひとつに数えられる鹿野山で、幽玄な趣の景色を望むならココ。ゴルフコースに隣接する公園からは、眼下に険しく刻み込まれた九十九谷の姿を一望することができる。空気がきれいな日には雲海も発生するので、天候を選んで訪れよう。まるで墨絵のような幻想的な景色を眺めることができるはずだ。

眼下に深い谷を望む房総有数の展望ポイント

\口コミ ピックアップ/
数年前から何度か訪れています。特別な設備、柵などもなく何もないからすばらしい自然のままの展望公園です。
周りを見渡すと「今自分はどこにいるのだろうか」と一瞬考えてしまうほど壮大な景色が広がっています。
以前行った日曜日は登山客や地元のカップルが数人いる程度でしたが最近様々なテレビ番組で紹介され、観光客が
増えてきたような気がしました。
(行った時期:2018年2月)

趣のあるの景色を望むならここがおすすめできる場所ということができるでしょう。癒されたい人は行ってみるのがいいでしょう。
(行った時期:2016年12月)
九十九谷展望公園
住所/千葉県君津市鹿野山119
「九十九谷展望公園」の詳細はこちら
茨城の冬絶景
袋田の滝
袋田の滝出典:じゃらん 観光ガイド 袋田の滝
奥久慈のシンボル。四度の滝とも呼ばれ、厳冬期には結氷する。新緑期、紅葉期がにぎわう。

\口コミ ピックアップ/
冬季間であれば滝が凍っている様子を見ることが出来ます。
とても大きな滝が凍っている様子は圧巻ですので一見の価値ありです。
(行った時期:2016年12月)

滝に行くまで、トンネルを歩きエレベーターに乗って行くのでとても気軽にいけます。滝は近くで見れて、冬ということもあり、凍っていて迫力満点ですごくよかったです。
(行った時期:2017年12月)
袋田の滝
住所/茨城県久慈郡大子町
「袋田の滝」の詳細はこちら
花貫渓谷
花貫渓谷出典:じゃらん 観光ガイド 花貫渓谷
花貫渓谷沿いの小滝沢キャンプ場から汐見滝吊り橋付近の景色が見事です。特に、約60メートルの長さの汐見滝吊り橋を渡ると、川沿いに生い茂る木々の枝が左右からせり出し、華やかなトンネルとなり、眼下に見える汐見滝と相まって絶景を味わうことができます。

\口コミ ピックアップ/
駐車場から少し歩いて着きました。紅葉を眺めながら散策ができてとても良かったです。川があったり滝があったりマイナスイオンをたっぷりあじわえました。
(行った時期:2017年12月)

自然が豊かな渓谷となっていますよ。ここに来ると、おいしい空気を吸うことができましたよ。気持ちよかったですよ。
(行った時期:2017年2月)
花貫渓谷
住所/茨城県高萩市大能地内
「花貫渓谷」の詳細はこちら

※この記事は2018年10月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

あなたにおすすめ