いまきみに伝えたい。 絵本「いじめているきみへ」

「はるかぜちゃん」の愛称で知られ、女優、声優として活躍している春名風花さん。2012年、当時小学6年生だった彼女が、朝日新聞の特集「いじめと君」に記事を寄稿すると大反響を巻き起こした。そのコラムを小さなお子さんでもわかりやすい言葉に全面大改稿を行った、絵本「いじめているきみへ」が好評発売中だ。

小さいころから絵本に慣れ親しみ、影響を受けてきた春名さん。絵本の肝となるイラストは彼女の熱い要望で、温度感のある絵を描く、みきぐち氏が担当。巻末には、今いじめられている子へ向けたメッセージもついている。いじめている側の子どもへのメッセージのひとつひとつが心に重く響き、子どもだけではなく大人にも、ぜひ読んでいただきたい1冊だ。

いじめの記憶がある人も、ない人も、そしてこれから人間関係で悩んでしまうかもしれない、すべての人へこの本を届けたい。

「いまから かく ことばは きみには とどかない かもしれない
いじめているこは じぶんのこと いじめっこだなんて おもわないから」。

【著者プロフィール】
文・春名風花(はるな・ふうか)
2001年神奈川県生まれ。女優、声優。「はるかぜちゃん」の愛称で知られ、舞台やツイッターなど幅広い場で表現活動を行う。主な著書に『少女と傷とあっためミルク』(扶桑社)などがある。

絵・みきぐち
本書が初の作品となる。

【書籍情報】
いじめているきみへ
春名 風花 文 / みきぐち 絵
出版社:朝日新聞出版
ISBN:9784022515681
定価:1296円(税込)
発売日:2018年8月20日
その他判上製 36ページ

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

あなたにおすすめ