亀田和毅、WBC世界スーパーバンタム級暫定王座戦が決定 同級1位メディナと11.12にゴング

AbemaTIMES

2018/10/10 17:40


 元WBO世界バンタム級王者で亀田3兄弟の三男・亀田和毅(協栄=27)が、11月12日にWBC世界スーパーバンタム級暫定王座戦でリングに上がることが10月10日、発表された。会場は後楽園ホール。亀田和毅は同級2位で、対戦相手は同級1位でスペイン出身のアビガイル・メディナ(30)。王者のレイ・バルガス(メキシコ=27)が負傷しており、WBC(世界ボクシング評議会)からは、暫定王座決定戦を行うよう、2人に指令が出ていた。

 亀田和毅は2013年8月にWBO世界バンタム級王座を獲得。2度防衛の後、2015年に当時のWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(イギリス)に連敗。その後は、スーパーバンタム級に階級を上げて、2階級制覇を目指していた。通算成績は37戦で35勝(20KO)2敗。対戦相手のメディナは24戦19勝(10KO)3敗2分、威力のある右のオーバーハンドブローが特徴なボクサーファイターで、同級のヨーロッパ王者でもある。

この日、都内で会見を行った亀田和毅は、約3年ぶりとなる世界戦について「チャンスがなくて、モチベーションを維持するのも難しくなっていたところで、チャンスが来たのでホッとしている。絶対に勝てるし、自信があります」と、意気込みを語った。

(C)AbemaTV
▶【動画】 AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負

あなたにおすすめ