古川雄輝「彼女いますかって聞かれるんですけど…」まさかのラブハラ被害を告白!?

テレビドガッチ

2018/10/10 16:30

テレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz『ハラスメントゲーム』(10月15日スタート、毎週月曜22:00~)の完成披露試写会が10日、都内で行われ、主演の唐沢寿明をはじめ、広瀬アリス、古川雄輝、滝藤賢一、佐野史郎、高嶋政宏が出席し、“ハラスメントトーク”が炸裂した。

同ドラマは、「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」など、連日テレビやインターネットで取り上げられる「ハラスメント」事件をテーマに、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の富山支店長・秋津渉(唐沢)が、コンプライアンス室の女性社員・高村真琴(広瀬)と、同室に持ち込まれる難問・奇問を解決していく姿を描く。

唐沢は、「昭和生まれで僕自身がハラスメントのほとんどに引っかかってしまうんじゃないかって思うくらい。ドラマが終わるまで何とか捕まらないようやっていきたいと思います」と冗談交じりにコメント。しかし、こういうテーマのドラマだけにキャスト陣も“ハラスメント”というワードに現場で敏感になっている様子。

古川は「僕自身はハラスメントをしないように静かに撮影にのぞんでいますが、広瀬さんが結構僕にハラスメントしてきます」と撮影中のエピソードを紹介。「昨日も僕のことを『赤ちゃんみたい』って」と、広瀬から笑顔が赤ちゃん顔であることを指摘されたようで「赤ちゃんじゃないですよ、僕は」と改めて反論。

これに広瀬は「笑うと本当に子どもっぽいから」と即座に弁明したが、唐沢によれば、古川は現場で広瀬からの赤ちゃん扱いに「俺のほうが7歳上だよ」と言い返したといい、唐沢は「怒っていたけどそれ自体がハラスメントだぞ」とぴしゃり。やり取りを横でニヤニヤと聞いていた高嶋が、広瀬に「赤ちゃんプレイしたいんだろ」と横槍を入れると、周囲から即座に「それはセクハラです!」と反論を受けるなど、ハラスメントをお題にトークは大盛り上がり。

「ラブハラスメント(=ラブハラ)」が話題に上がると、古川は「この仕事やっていると(取材などで)彼女いますかって聞かれることも多いですけど、それもラブハラになるんじゃないですか」と意見を述べたが、唐沢が再び赤ちゃんネタを取り上げ、「そんなこと言っていると、『何も聞けない』って誰にも相手されなくなるよ。赤ちゃんの雑誌しか出れなくなるよ」と諭す。唐沢は「こういう顔に生まれるといいよな。本当に可愛いんだもん」と話すなど、古川のキャラがすっかりお気に入りの様子だった。

あなたにおすすめ