井上正大の総指揮・演出・主演の『神ノ牙-JINGA-転生』メインキャスト発表

エンタステージ

2018/10/10 16:17


010501.jpg

2018年10月4日(木)よりTOKYO MXにて放送がスタートし、舞台化も決定していた『神ノ牙-JINGA-』。タイトルは「銀岩塩VOL.3 LIVE ENTERTAIMENT『神ノ牙-JINGA-転生』~消えるのは俺じゃない、世界だ。~」に決定。上演は、2019年1月に東京・天王洲 銀河劇場にて。主演は、ドラマでもジンガ役を演じる井上正大。井上は、総指揮・演出も務める。

メインキャストには、井上のほか、山本一慶、伊波杏樹(Wキャスト)、AKB48の小田えりな(Wキャスト)、正木郁、松野井雅、清水佐紀、福圓美里(Wキャスト)、名塚佳織(Wキャスト)、宮城紘大、仙石みなみ(Wキャスト)、磯原杏華(Wキャスト)、湯本美咲、岩田有弘、中村誠治郎が名を連ねた。

『牙狼<GARO>』シリーズ2005年にTV放送から始まったミッドナイトアクションホラードラマ。独特の世界観で、劇場版など様々な展開を続けるロングヒット作品だ。昨年には、プロデューサー・銀、俳優の岩田有弘、脚本・演出の塩田泰造の3名による舞台プロデュースユニット「銀岩塩」によって、初舞台化。劇場版『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』公開に先駆け、ジンガに焦点を合わせたTVシリーズ『牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔』の最終回から劇場版『神ノ牙』へと続く、空白の時間を描いた。

今回の舞台は、ドラマ『神ノ牙-JINGA-』の裏側のストーリーが描かれ、それにエンターテインメントを加えた形での上演となる。

上演決定にあたり、井上、岩田(「銀岩塩」代表)からコメントが届いている。

◆井上正大(総指揮・演出・主演)
舞台『神ノ牙-JINGA-転生』でこの度、総指揮、主演、演出させていただきます、井上正大です。現在放送中のドラマ『神ノ牙-JINGA-』の監修でもあり、牙狼シリーズの産みの親、雨宮慶太監督から「舞台やるならお前が一番責任を持て」という言葉をいただき、前舞台『神ノ牙 -覚醒-』を総指揮・主演させていただきました。
前演出・脚本家、塩田泰造が数ヶ月前に倒れてしまったこともあり、前舞台ではエンターテインメント演出もやらせていただいたこともあったため、今回、演出もやらせていただくことになりました。総指揮、主演に加えて演出もなので、三刀流・・・みたいな形で、僕一人でやりきれるか不安もありますが、牙狼シリーズの根強いファンに向けて、牙狼シリーズを知らなかった人達に向けて、全てのエンターテインメントを詰め込み、スタッフもキャストも素晴らしい面々が揃い、全員の力で2019年の一番最初から天王洲 銀河劇場にて皆様に楽しんでいただけたらなと思っています。ぜひ会場にお越しくださいませ!

◆岩田有弘(舞台プロデュースユニット「銀岩塩」代表・出演)
前回の牙狼<GARO>の初舞台化に続き、今回。絶賛放映中の牙狼新シリーズドラマ『神ノ牙-JINGA-』をリンクさせた『神ノ牙-JINGA-』をオリジナルストーリーにて舞台化をさせていただくこととなり、身の引き締まる思いです。牙狼<GARO>の一ファンであった私にとって、とてもとても光栄なことで、牙狼<GARO>の世界観を崩さず、公私共に深い付き合いの総指揮井上正大が思い描くことを完全サポート出来ればなと思います。そして、この舞台のために豪華なキャスト陣が集まってくださり、銀河劇場という願いごとが実現可能な場所で、舞台ならではの切り口、新しい魅せ方を存分に。牙狼シリーズのファン、舞台のファンが納得出来る作品を作ります。『神ノ牙-JINGA-』コンテンツ、牙狼コンテンツを一緒に盛り上げられたらと思います。ご期待ください。

銀岩塩VOL.3 LIVE ENTERTAIMENT『神ノ牙-JINGA-転生』は、2019年1月5日(土)から1月14日(月・祝)まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演される。チケットは、11月5日(月)より一般発売開始。先行販売の詳細は、以下のとおり。

【オフィシャル先行】(カンフェティ・抽選)
10月10日(水)19:00~10月14日(日)23:59

【キャスト先行販売あり】(特典付)※詳細は後日発表



あなたにおすすめ