不倫しがちな女性の特徴とは?出会いは職場がダントツだった

日刊SPA!

2018/10/10 15:52



不倫願望はあれど、昨今の不倫報道を見る限り、不倫には相応のリスクが伴う。しかし、うまく女性と付き合い、不倫を楽しんでいる男がいる。不倫に成功している男は何が違うのか? 不倫経験がある20~39歳の女性2063人中、「いい不倫だった」と回答したのは14.6%の300人のみ。そこで、“いい不倫”経験女性300人を徹底調査。相手選びから口説き方、別れ方まで、失敗しない「不倫の正しいやり方」を導き出した!

◆不倫相手になってくれる女性と出会う場所は?

不倫に成功するうえで、重要なのが相手選び。では、いい不倫をしている女性はどこで相手と出会っているのか。アンケートの結果、職場での出会いが45%、なかでも上司・先輩が36%と多数を占めた。

=================

<Q.不倫相手との出会いは?>

・職場の同僚・後輩 9%

・職場の上司・先輩 36%

・社外の仕事相手  11%

合コン・飲み会  8%

・SNS       14%

・学生時代の友人  8%

・その他      14%

=================

「入社4年目で責任ある仕事を任されるようになってきたとき、直上の40代上司がとても頼りになった。結婚前に不倫も経験しておきたかった」(25歳・事務)と、仕事での尊敬が恋愛感情に転化することが多いのだ。

「職場不倫はベタと思うかもしれませんが、飲み会や合コンではさえない男としか見てもらえなくても、仕事で頼れる面さえ見せれば一発逆転を狙えるのが職場。見た目や経済力で勝負できないなら狩り場は職場一択です」とは恋愛ジャーナリストのおおしまりえ氏。

狙うべきはまだ年次が浅く「先輩マジック」の効果が大きい20代中盤ではなく、30代半ばの女性だ。

「人生経験のひとつとして不倫を楽しんで、あっさりと次の彼氏にいってくれるような女性だったらいいですが、人生経験が浅く元気が有り余っている20代半ばは、うっかり本気になって泥沼化しやすかったりもします」(おおしま氏)

では、どんなタイプを選ぶべきなのか? 社会学者の鈴木涼美氏も、年齢に加え、不倫向きのタイプをこう分析する。

「結婚したいピークは過ぎ、仕事が忙しいからきちんと付き合うのはめんどくさいけど、それなりに男っ気は欲しいという34歳くらいの女性がちょうどいい。これくらいの年齢になると過去に不倫経験があったり、周りの話から不倫で本気になってもロクなことはないと悟っているので、距離を取るのがうまいんです」

確かにアンケート回答者の中でも、「恋愛より仕事や友達関係のプライオリティが高いので、頻繁に会わなくても甘やかしてくれる不倫がちょうどいい」(34歳・マスコミ)、「婚活に疲れたので、しばらくは結婚のことを考えずに気楽に遊びたい」(35歳・金融)という30代半ばの女性は多かった。

年の差についてもアンケートを実施。最も多数の年の差は相手が10~14歳上というものだったが、「年が下すぎると、さすがに話が合わなかったり、娘の面倒を見るような親子状態になることもしばしば。例えば、40歳すぎの男性なら、若い女幻想は捨てて、話のわかる30代にいくほうが賢明」(おおしま氏)だ。

=================

<Q.相手との年の差は?>

・年下    16%

・同い年   7%

・1~4歳上  11%

・5~9歳上  22%

・10~14歳上 31%

・15歳以上上 13%

=================

ただ、注意点もあるという。

「40歳に近づくと出産のリミットが迫ってきて、再び女性が焦りだす時期。36歳くらいでリリースしてあげることが大事です」(鈴木氏)

<不倫向きな女性34歳の特徴>

・無条件にいい女に見えるゆるふわロングヘアー

・ピアスは大ぶり

・浅めのVネックにひざ下のタイトスカート

・バックはハイブランドでない3万円程度のもの

・ローヒールが流行中でもヒールは7cm程度と高め

★不倫相手の正しい選び方……不倫に本気にならない34~36歳の忙しい女性を職場で狙うべし

【鈴木涼美氏】

社会学者。著書に『「AV女優」の社会学』、『おじさんメモリアル』、『オンナの値段』など。女子SPA!で連載小説を準備中

【おおしまりえ氏】

恋愛ジャーナリスト、イラストレーター。婚活や不倫、シニアの恋愛やマッチングアプリを日々研究している。『an・an』『女性自身』など各誌で活躍

アンケート協力/エコンテ

― 不倫の教科書 ―

あなたにおすすめ