“こわかわ”ミニオンとHYDEの競演に約10,000人が大熱狂! 『HYDE主宰 HALLOWEEN PARTY×ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン 2018』

ガジェット通信

2018/10/10 13:30



現在シーズナル・イベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン 2018」を大好評開催中のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで6日(土)・7日(日)、日本最大級のハロウィーン・ライヴとして君臨する「HYDE主宰 HALLOWEEN PARTY」のスペシャル・コラボ・ライヴが実現! “こわかわ”ミニオンとHYDEの豪華競演に約10,000人が熱狂した。



ライヴは、午前11時に開幕。オープニング楽曲「MIDNIGHT CELEBRATION II」のイントロとともに、USJのアイコニックな象徴でもあるストリート・ゾンビが続々と登場。「WELCOME TO HALLOWEEN PARTY!」の掛け声とともにHYDEが姿を現すと、会場は拍手と大歓声!

「USJ」コールで会場を盛り上げた後は、ストリート・ゾンビとのコラボレーション・パフォーマンスも実現した「監獄ROCK」を筆頭に、「AFTER LIGHT」「FAKE DIVINE」(先行配信中、10月24日CDリリース)など、新曲群の楽曲が次々と披露。フィナーレには、今回のスペシャル・コラボ・ライヴ企画として、パークの超人気アトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」に搭載した楽曲「Halloween Party」を披露。搭載期間は2018年10月6日(土)~2018年11月6日(火)の期間限定だ。





そしてHYDEによるハロウィーンの合言葉「トリック・オア・トリート!」のコール&レスポンスの後は、ドラキュラやミイラなど“こわカワ”コスチュームに扮したパークの大人気キャラクター、ミニオンがステージに続々と登場! 色とりどりのコンフェティー(=紙ふぶき)が会場全体を覆い尽くすなか、スペシャル・コラボ・ライヴは最高潮で幕を閉じた。



ちなみに同公演は「ハロウィーン・パーティ」として仮装での参加が推奨されていた事情もあり、会場には思い思いの仮装をしたゲストをはじめ、2日間で述べ約10,000人(主催者発表)が訪れ、いよいよ本番期を迎えたハロウィーンならではの雰囲気に! “大人”、“絶叫”、そして“こわカワ”とUSJが新たに掲げる「ハロウィーン新時代」パークに今月も期待したい!

Despicable Me, Minion Made and all related marks and characters are trademarks and copyrights of Universal Studios. Licensed by Universal Studios Licensing LLC. All Rights Reserved. TM & (C) 2018 Universal Studios.

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

※画像はあくまでもイメージです。紹介したエンターテインメントや現地イベントの内容などすべての情報は予告なく変更になる場合があります。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ