<福岡うどん愛>ダシの効いた特製の山かけは滋味深い一杯「うどん屋 まさ」

Walkerplus

2018/10/10 15:08

昭和63年創業の「うどん屋 まさ」は、筑豊電鉄永犬丸電停から徒歩7分、県道48号線沿いに佇む老舗。人気は、創業から変わらず肉ごぼううどんと山かけうどん。リピーターも多いというその秘訣を聞いてみた。

■ ボリューム満点の肉ごぼううどん

「麺類が好きで、特にうどんは今でも毎日食べるほど大好きですね」という店主の蒲池さん。うどん好きが高じて、昭和63年に筑豊電鉄永犬丸電停のそばでうどん店を開業した。その後今の場所に移転して、18年になるという。毎日作る自家製麺は、柔らかすぎず程よいコシを感じる歯ごたえで、福岡では主流の柔らかい麺とは一線を画す。さらに、一杯あたりの麺の量が多いのもポイント。炭鉱の町として、うどん一杯で労働者のお腹を十分満たしていたサービ精神は今も変わらない。

まず食すべきは、「肉ごぼううどん」(750円)。ほろほろになるまで、甘辛いタレで炊いた牛肉が贅沢に乗り、大振りのごぼう天と大量のワカメも加わり、実に食べ応えのある一品だ。そこに、山かけをプラスした「肉ごぼう山かけうどん」(950円)も人気筆頭。薄茶色の山芋が丼いっぱいにかかったルックスが特徴的。「普通は白色をイメージするかもしれませんが、うちの山芋はそばつゆで味付けをしているので、色がついているんです」と蒲池さん。確かに、ダシが効いた山芋とうどんスープが合わさることで、より複雑な和風ダシに昇華し、上品な味わいを楽しむことができる。

■ 手作りの辛子高菜でさらにうどんをおいしく!

うどんと一緒に食べたい無料の付け合わせにも注目。カウンターにある、自家製のとこ漬けと辛子高菜は取り放題だ。「辛子高菜は、少し辛いですがクセになる方も多いんですよ。うどんスープに入れて食べるのもおすすめです」。ラーメン店ならまだしも、うどん店では珍しい辛子高菜だが、なかなかどうして、優しいうどんダシとの相性がよく、一度試してほしい食べ方だ。

またうどん以外にも、そばやそうめんなどもあり、ざるそばや冷やしそうめんは通年用意している。小豆島の手延べそうめんは、つるんとしていてコシがある、店主一押しの逸品だ。乾麺を店頭で販売しているので、家庭でも本場の味を楽しもう。

30年かわらず愛され続ける“地元のうどん”は、心も体も温まる癒しの味なのだ。

[うどん屋 まさ] 福岡県北九州市八幡西区永犬丸5-9-10 / 093-692-3923 / 11:30~24:00 / 第二・第四土日休み

取材・文=森川和典、撮影=本田純一(九州ウォーカー・森川和典)

https://news.walkerplus.com/article/164642/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ