「亀田の柿の種」からふりかけ作る近未来マシン

亀田製菓は10月10日、亀田の柿の種からふりかけを作り出すふりかけマシン「FURIKAKIX(フリカキックス)」を発売する。価格は1,800円(税別)。

「FURIKAKIX」は、2017年6月よりスタートした亀田の柿の種の新しい楽しみ方を提案する「KAKITANEX LABO」の第三弾企画。SNSなネットの世界に日々投稿される「亀田の柿の種をふりかけにしたい」「料理に使って主食にしたい」という想いを形にするべく、亀田の柿の種ふりかけ専用機として開発された。

柿の種とピーナッツのカリッとした食感はそのままに、手軽にふりかけにしてしまう近未来的な調理マシン「FURIKAKIX」の操作はカンタン。食べたい量をマシンにセットし、あとはゴリゴリとケースをまわすだけだ。

このために特別に開発されたステンレス製の特性刃が、亀田の柿の種とピーナッツを風味と食感をそのままに、様々なフレーバーの亀田の柿の種をご飯の友であるふりかけに激変させる。

なお、商品には、開発アドバイザーのフレンチシェフ・富樫陸也氏が手がけたオリジナルレシピブックを同梱。おかずやデザートに、亀田の柿の種の新しい世界の扉を開く。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ