長澤まさみ、『ルーベンス展-バロックの誕生』で音声ガイドに初挑戦 「美術好きなのでまた機会があればやってみたい」

SPICE

2018/10/10 14:13


国立西洋美術館で2018年10月16日(火)~2019年1月20日(日)まで開催される『ルーベンス展-バロックの誕生』にて、女優・長澤まさみが音声ガイドを担当することが決定した。

音声ガイドは、ルーベンスの生涯や作品の背景など、ルーベンスについてより深く、より楽しく知るために最適なツールとなっている。ルーベンスは、バロック美術を確立した中心の画家としてのみならず、工房経営やヨーロッパ各国との外交交渉にも才能を発揮した。長澤まさみが担当する音声ガイドでは、画家の言葉や制作エピソードを交え、その素顔に迫りる。

長澤まさみコメント

長澤まさみ
長澤まさみ

音声ガイドは朗読と違って感情を出し過ぎないように、お客さんが聞き取りやすいように気をつけました。(スタジオ収録時に右手にもったペンを上下にゆっくり動かしながら読んだのは)音を取るためです。抑揚を付けすぎないよう、語尾や濁音、半濁音が強すぎないよう、抑えるために振っていました。収録では日本語の発音にはない人名や作品名が多く出てきたので難しかったですが、美術好きなのでまた機会があればやってみたいです。

ヴィタメールとのコラボパッケージも公開

商品名:ヴィタメール マカダミア・ショコラ 〈ルーベンス展限定パッケージ〉 内容:マカダミア・ショコラ(ミルク) 8 枚入 価格:1,100 円(税込)
商品名:ヴィタメール マカダミア・ショコラ 〈ルーベンス展限定パッケージ〉 内容:マカダミア・ショコラ(ミルク) 8 枚入 価格:1,100 円(税込)

また、本展において、ベルギーの首都・ブリュッセルで名高い王室御用達の老舗洋菓子店「ヴィタメール」とのコラボレーションも実現。サクサクの食感に焼き上げたサブレに、マカダミアナッツ、アーモンドをのせ、ミルクチョコレートでコーティングした人気商品「マカダミア・ショコラ(ミルク)」。出品作から、《マルスとレア・シルウィア》を使用した限定のオリジナルパッケージ商品が販売となる。

あなたにおすすめ