『この世界の片隅に』制作メンバーが再集結!オタフクソースのWEBアニメ第1弾を「お好み焼きの日」10月10日10時に公開

SPICE

2018/10/10 14:20


オタフクソースは、2018年10月より新たに策定したコーポレートスローガン「小さな幸せを、地球の幸せに。」を訴求するWEBアニメーション『わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。』その1(全3話)を、“お好み焼きの日“の2018年10月10日(水)午前10時より、オタフクソースYouTube公式アカウントで公開を開始した。

『わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~』その1

本作品には、監督・脚本の片渕須直監督をはじめ、大ヒット映画『この世界の片隅に』を手掛けた豪華メンバーが参加。キャラクター原案はこうの史代、音楽はコトリンゴ、主人公の声を演じているのは、「この世界の片隅に」で径子を演じた尾身美詞、アニメーションはMAPPAが制作した。

その1は、1028歳の主人公・オオタフクコが、戦後の広島で出会った「一銭洋食」(お好み焼きの原型となった鉄板料理)を通じて、行く先々で一緒に鉄板を囲んだ人たちに、小さな幸せと笑顔の輪を広げていく姿が、コミカルかつほのぼのとした世界観とともに描かれる。
オオタフクコ
オオタフクコ

自分のために小麦粉を溶いて丸く広げて焼き、そこへ刻みキャベツを投入、ネギをパラっとちらべて、ソースをたっぷりかけると、いつの間にかそのいい匂いにつられた子どもたちがという内容が、食欲を誘う出来になっている。




この鉄板焼の描写のため、片渕須直監督は

「広島にあるお店を2日間で6軒回って、具材や手順、焼き方、味を取材し、自分の家でも実際に焼いて食べました。ひとくちに一銭洋食といっても、それぞれ個性があって、どれもすごく美味しかったです」

と取材活動についてコメント。その成果がいかんなく発揮されたシーンが完成した。

なお、フクコを演じた尾身美詞は5月に舞台挨拶があった際、監督・スタッフらに美味しい老舗お好み屋に連れて行ってもらったそうで、その時はまだこの案件は知らなかったという。
オオタフクコを演じた尾身美詞
オオタフクコを演じた尾身美詞

また、音楽を担当したコトリンゴは主人公のフクコが1028歳と聞いて、

「なんとなく浮世離れしたような、どことなく雅な感じが出ると良いなと考えました。出だしは、その浮世離れした感じを出すために、少しシャリンシャリンとした音を入れてみたりしています」
コトリンゴ
コトリンゴ

という。また、自身もお好み焼きが大好きで、自宅にはオタフクソースを常備しているそうだ。

今回のその1に続いて、その2は11月上旬より、その3は12月上旬より順次公開予定。コーポレートスローガンをわかりやすく訴求するべく、時代を越え、国境を越えて旅するオオタフクコが描かれるという。

片渕須直監督インタビューも到着


この作品を作るにあたっての着想や取材などの裏話を片淵須直監督に伺ったインタビューも同時に発表されたので、こちらも掲載したい。
片淵須直監督
片淵須直監督

――今回のオファーを受けた時の率直な心境をお聞かせください。

2010年の夏、映画『マイマイ新子と千年の魔法』の舞台挨拶で訪れた際、初めて広島のお好み焼きを食べて、それが私と広島との最初の出会いでした。その後、『この世界の片隅に』の制作を経て、広島を自分が住んでいる場所のように感じられたらいいなと思い続けてきた中、広島をルーツに持つオタフクソースさんから届いたオファーということで、とても嬉しかったですし、自分たちが広島という街に根付くことができたのかなという思いを抱きました。

――本作品のストーリーや世界観が生まれた経緯について。

オタフクソースさんから最初に今回のテーマを伺った時、「時の流れ」のようなものを描くことになるのかなと思い、広島出身のこうの史代さんに相談したところ、彼女が連載する作品の主人公がたまたま「おたふく」をモチーフにしていて。しかも年齢が1028歳で、まさに時の流れをそのまま象徴している。そこで時の流れを生きている主人公が、ある日お好み焼きと出会い、自分や周りの人たちを幸せにしていくみたいなことを描いたら面白いかなと。また、『この世界の片隅に』が戦前から終戦直後を描いた物語なので、その辺りの時代から始まって、現代につながるような話になると、より興味深い作品になるんじゃないかと思いました。
ストーリーボード
ストーリーボード

――主人公のオオタフクコさんのキャラクター設定について。

こうのさんの漫画の中では、職業が夜の蝶ということでしたので、今回はその仕事に就く前に、お好み焼きを焼いていたという設定にしました。年齢は1028歳ですが、食い意地が張っていて、自由気ままで、基本的にダメな人です(笑)。何だか長く生きていると、いろんなことを悟っちゃった人格者になりがちですが、そうじゃない方が親しみを持てますよね。日々庶民の中で、新しい発見をしながら生きてきて、その中でお好み焼きとの出会いがあり、人間的にはあまり学習していないけど、大好きなお好み焼きだけは確実に手の内に入れた。その特技の部分を膨らませたキャラクターという感じでしょうか。

――監督自身、ここを見てほしいというポイントはどこでしょうか?

ただ、お好み焼きが好きで、行く先々で焼いていたら、いつの間にか立派なことをやっていて、世界中のいろんな人の役に立っていたという、オオタフクコさんの人間像、生き方をぜひ見ていただきたいですね。

――アニメーションをご覧になる視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。

お好み焼きはみんなで鉄板を囲んで食べるので、自然と笑顔になりますよね。その笑顔が世界中に広がっていけばという思いを、今回の作品に込めました。そして、いま自分たちが食べているお好み焼きや普段の食事について、時代を遡って考えることで、時の流れを感じていただき、その先の未来を考えるきっかけにしていただけたらと思います。

あなたにおすすめ