リアルマネーが当たるイベントも!サービス開始5周年の「モンスト」映画が首位を獲得

Movie Walker

2018/10/10 13:45

秋クールのアニメが続々と始まった10月の第1週。6・7日の週末動員ランキングでは、前週首位を獲得した『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』に続き、初登場のアニメ作品が好成績を収める結果となった。

声優初挑戦の2人に絶賛の声

首位に輝いたのは、人気アプリゲームが原作の『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』。土日2日間で動員11万5000人、興収1億5100万円をあげ、公開初日の5日~8日までの4日間累計では動員20万人、興収2億6500万円をあげる好調なスタートを切った。また、本作の主人公を窪田正孝、ヒロインを広瀬アリスが務めており、声優初挑戦ながら「窪田さんの表情や身振りを想像できる自然な声、アリスちゃんの透明感のある声がすごく良かった」、「普段アニメは観ないけど、おもしろかったし、窪田くんもアリスちゃんも声がいい!」といった2人の声を絶賛するメッセージが公式SNSに寄せられている。

■ モンスト5周年のイベントも後押しに!?

原作の人気アプリ「モンスターストライク」(通称モンスト)がサービス開始から5周年を迎えたこともあり、タモリをキャンペーンキャラクターに起用したCMなど様々な企画も本作の好成績を後押ししたようだ。9月30日にはモンストの歴史を振り返る生番組が配信されたほか、劇場限定の特典がもらえたり、1000万円のリアルマネーが当たったりするイベントも開催されている。

■ ファンの心を掴んでトップ10入り

同じく初登場で8位につけたのが、累計430万部突破の人気ライトノベルが原作のTVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(通称リゼロ)の新作OVAを劇場上映した『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』。異世界に迷い込んだ少年の冒険が描かれ、シリアスな物語が展開されたTVアニメとは打って変わり、キャラクターのほのぼのとした日常が楽しめる。また、公開初日に主演声優たちが登壇する舞台挨拶が行われたほか、第1週目の劇場特典として原作者・長月達平書き下ろしの小説「Re:ゼロから始める異世界生活 Another Memory Snow」がプレゼントされるなど、少ない公開館数ながらファンの心をガッチリと掴んだことが好調の要因と考えられる。

前週首位だった『夏目友人帳』は3位、『プーと大人になった僕』は変わらず2位をキープしている。モンストのキャンペーンは今後も継続中で、リゼロも第2週、第3週の劇場特典にサイン入りのミニ色紙が配布される。次週以降もランキングを維持し続けるのか注目だ。(Movie Walker・文/トライワークス)

https://news.walkerplus.com/article/165152/

あなたにおすすめ