大泉洋が実在の人物を熱演!映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』場面写真一挙解禁

AbemaTIMES

2018/10/10 12:00


 12月28日より公開される映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』より、“ワガママでおしゃべりで自由”に生きるも皆に愛された鹿野(大泉洋)と鹿野に振り回されるボランティアの美咲(高畑充希)や田中(三浦春馬)との生活を切り取った場面写真が公開された。


 車イスの人生を、愛のままに、ワガママに生きた男の<笑いと涙の実話>を大泉洋主演で映画化した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が、12月28日(金)より全国公開される。

実在の人物・鹿野靖明(1959~2002)を、同じ北海道出身の大泉洋が熱演。誰も観たことのない「生きる力」を持つ男と仲間たちの姿に、日本中が笑いと涙で包まれる。


 難病である筋ジストロフィーを患って体が不自由にも関わらず、病院を飛び出し、自分で大勢のボランティアを集め、風変わりな自立生活を始めた鹿野靖明(大泉洋)。わがままで、おしゃべりで、ずうずうしくて、ほれっぽくて…。自由すぎる性格に振り回されながらも、そのまっすぐな生き方で皆に愛された鹿野と、彼に出会って変わっていく人々の人生を、笑いあり涙ありで描く最高の感動作が誕生。

この度、 “ワガママでおしゃべりで自由”に生きるも皆に愛された鹿野(大泉洋)と鹿野に振り回されるボランティアの美咲(高畑充希)や田中(三浦春馬)との生活を切り取った場面写真が一挙解禁された。


 今回解禁となるのは、出会った当初はワガママな鹿野に反発していたが母親のような笑みを浮かべワガママを受け入れる美咲、美咲と付き合っているのに、鹿野から美咲へのラブレター代筆を頼まれ固まっている田中、などが映し出された全5点。

大泉は、鹿野さん本人が愛用していたのとそっくりの度の強い分厚いメガネの下に、わざと視力を落とすためのコンタクトレンズを装着して撮影に臨んだ。

 病気の進行に従いやつれていく姿は、ロケ中にも欠かさなかった食事制限と走り込みでマックス10kg減を実現。大泉の渾身の役づくりは、撮影を見学にきた、かつての鹿野さんの親友に「鹿野がいると思った」と言わしめたほど。

「『障がいがあるから』と遠慮することなく、1人で生活して、仕事もして、喧嘩もして、恋もして、どこまでも対等に人と向き合い続けた鹿野さんの人生に強烈に惹かれました」と演じた大泉自身も惚れ込んだ鹿野は、なぜここまで愛されたのかー?チャーミングで破天荒な鹿野の人生模様は、笑わずにはいられず、観るものすべてが鹿野の虜になること間違いなし。

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は、12月28日(金)より全国公開。
ストーリー
 札幌で暮らす鹿野靖明(大泉洋)は幼少から難病の筋ジストロフィーを患い、車いす生活。体で動かせるのは首と手だけで、介助なしでは生きられないのに病院を飛び出し、ボランティアたちと自立生活を送っていた。夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出すワガママな彼に、医大生ボラの田中(三浦春馬)は振り回される日々。しかも恋人の美咲(高畑充希)に一目ぼれした鹿野から、代わりに愛の告白まで頼まれる始末!

最初は面食らう美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。そんなある日、鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう…。

(C)2018「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

あなたにおすすめ