台湾にできた、なんかすごい「スタバ」

TABILABO

2018/10/10 11:55


外観がユニークで“写真を撮りたくなる”スタバが、9月26日にオープンしました。デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏。

場所は台湾・花蓮。最近、日本の観光客も足を運ぶようになった、台北から電車で2時間ほどにある東部の都市ですね。ここで食べる具だくさんのワンタンは格別……。すいません、話が逸れました。

このスタバは、30年間使われた29個のコンテナを再利用していて、環境をケアしているのもポイント。店内はゆったりとできそうな空間になっているので、友だちやパートナーとも盛り上がれそう。

花蓮に行くチャンスがあったら、ぜひ!!

Top image: (C) 2018 Starbucks

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」で世界の“今”を知ろう!

スタバがプラスチック製ストローの使用廃止へ!

台湾で英語が公用語になる日も近い!?

「真っ白なカフェ」早くも京都の人気スポットに!

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ