家族のことが『大嫌い』だった女性 母親が救急車に運ばれたのをキッカケに?

grape

2018/10/10 09:53

「家族のことが大好き」という人は多いもの。ですが、何の疑問もなく心から家族を愛せる人は、もしかしたら『幸せな人』なのかもしれません。

作品をInstagramに多数投稿しているちゃこ(kyky__15)さんは、家族についてのエッセイ漫画を次の言葉と共に公開しました。

家が1番。

なんて、昔の自分にはあり得なかった。耐えられなかった。大嫌いだった。恨むほど、憎むほど嫌いだった。
kyky__15 ーより引用家族が「大嫌いだった」というちゃこさん。そんな彼女が、家族を許せるようになるまでをご紹介します。

大嫌いだった家族

同じような環境で育った人の中には、「一般的なルールばかりだ」と思う人もいるかもしれません。

しかし、ルールに縛られることが苦手なちゃこさんには、自分の家のルールが苦痛だったそうです。

また、両親の関係にも問題がありました。

「温かな家庭」とはいい難かった、ちゃこさんの家。

ちゃこさんは、理想とは遠い両親と接して、時に傷付くこともあったようです。

そんなちゃこさんには味方になってくれるお姉さんもいたのですが、うまく折り合いをつけることができませんでした。

もっと自由に生きたいと思ったちゃこさんは、ある工夫をしました。

手に入れたかった自由

「成績のよさ」を免罪符として、自由を手に入れようとしたちゃこさん。勉強について、親から怒られることはなくなりました。

ですが、ちゃこさんの思い描く自由は遠く…。

ちゃこさんは、東京に行って家族と離れようと考えていました。

そんなちゃこさんの前に、母親が立ちはだかります。「漫画家になる」という夢は応援してくれているようですが、東京へ行く機会は奪ってしまいました。

絶望するちゃこさん。それでも、抵抗を試みました。

適当に受験した結果

変わってしまった自分と、ある出来事

母親の指定した大学に通って、「楽しい」と感じてしまったちゃこさん。

「結局、母親がいったことが正しい」と思えてしまったことが、最初は悔しかったそうです。認めたくない…そんな想いとは裏腹に、大学では幸せな思い出がたくさんできました。

やがて、ちゃこさんは大学で出会った男性・たかさんと付き合い始めます。それからしばらく経った時、大変な出来事が起こりました。

ちゃこさんは、母親が救急車に運ばれたショックで動けなくなってしまいました。

「大嫌い」なはずの母親。ですが、命が危険かもしれない場面で、ちゃこさんは…。

動揺する身体

無意識のうちに、恋人のたかさんに助けを求めていたちゃこさん。

たかさんの声を聞いて、やっと落ち着きを取り戻すことができました。

翌日、ちゃこさんは病院から戻って来た母親の様子を見ながら、家事をこなすことにします。

2人きりになっていわれた言葉

やっと褒めてくれた母親

「できて当たり前だ」といわれ、親に褒められずに育ったちゃこさん。

母親の言葉を聞いて、いままでずっと胸に抱えていたのは「恨み」ではなく、「褒められたい」という想いだったことに気が付きました。

ある日、ちゃこさんも母親に自分の気持ちを伝えます。

ちゃこさんは、「親から過去にいわれたことや、当たり前だといわれたことなどを許したわけではない」と語っています。想いのすべてを、キレイに整理できたわけではありません。

ですが、母親が倒れたことをキッカケに、ちゃこさんと家族の関係は変化しました。いまでは、ちゃこさんは家族と仲よく過ごすことができるようになったようです。

ちゃこさんは、ブログで次のように語っています。

家族は大事

でも反抗期なのか思春期なのか

色々ありました。

大学に行って色んな人に出会って

本当によかった。

家族を許せる日が来るんだなって思った
koide chaco BLOG ーより引用家族と自分の変化を、前向きにとらえているちゃこさん。

これから、家族と一緒に過ごす時間を大切に思えることでしょう。

ちゃこさんは、このほかにもエッセイ漫画をInstagramに投稿中。また、ブログも更新しています。気になった人は、ぜひご覧ください。

Instagram:ちゃこ(kyky__15
ブログ:koide chaco BLOG


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ