アラサーのモテ要素は美人よりも〇〇な人!

愛カツ

2018/10/9 07:45


単に美人ならモテるというほど、恋愛市場は単純ではありません。

もちろん美人はひとつのアドバンテージになりますが、それと同じくらい、人としてどういう人かも、大切な要素。

むしろ、親しくなるにつれて、人としていいヤツのほうが、魅力的に見えていくものかもしれません。

モテたいならまずは、人としていいヤツを目指してみて!

モテたい

■ なんにでも素直でいる

アラサーにもなると、人生経験も積んで、ちょっと触れただけで良いか悪いかの予想がついてくるもの。自分を守ろうとするあまり、お世辞やへりくつ、強がりなど、素直じゃないセリフが、出てきやすくなるものです。

それでも、やっぱり素直な子のほうが、男性の好感度は高いもの。思ったことは、できるだけまっすぐ伝えることを意識してみましょう。

中には、そのまっすぐな言葉を嫌がったり、相性が悪い人もいたりするかもしれません。それでも、他意の無い、まっすぐな優しさや嬉しさを伝えること。それを自分の柱にしておけば、結果的にはモテに繋げることができます。

■ 会話を面白くする知識を持つ

楽しく会話できることや、会話の中で好感度をアップさせていくことも、モテるうえでは重要な要素。物事を違う角度で見たり、別のことから参照して、もっと面白い会話にできる知識を身に付けたりしてみましょう。

おバカでモテるのは、20代前半まで。それ以上なら、話していて有意義な時間だと思われる子にならなければなりません。知識をひけらかすのではなく、相手の話を盛り上げて、面白くするきっかけを作れるとなおよさそうです。

この子と話してると、いつも盛り上がるな~! と感じてもらえればこっちのもの。自然なギブアンドテイクを織り交ぜつつ、自分の魅力をドンドンアピールしていきましょう。

■ 男性として相手を尊重する

男性を手の上で転がしてやるだとか、ちょっとエッチなことを期待させれば男性なんてイチコロでしょ?なんていう意識で接しないことも重要です。相手が年下でも年上でも、ひとりの男性として尊重する気持ちが大切。

馴れ馴れしく接しながらも、失礼のないよう気を付けてください。いま出していい単語なのか、話題なのかもしっかり判断して、品を欠かないように。

そういった配慮を持ったうえで、フレンドリーで気さくな態度を。

基本に相手を尊重する意識を持っていれば「あ、ちゃんとしてる子なんだな」という安心感を与え、結果、モテに繋がるのです。

■ 努力して、相手の努力も認める

美人じゃなかったとしても、美しくいる努力には、大きな価値があります。

できるだけ肌をきれいに保つことや、スタイル維持、髪のケアなど「きれいでいたい」と頑張る自分に誇りをもっていれば、男性もそういった姿に惹かれます。

同時に、相手の男性ががんばっていることや、目立たない長所などもしっかり見てあげましょう。

決めつけることなく、相手をよく観察すること。その上で、できるかぎり笑顔になってもらうよう気遣うことができれば、人としてこの上なく美しくなれるはずです。

■ おわりに

どんな美人でも、付き合っていくうちに心がブサイクだとわかれば、男は離れていきます。

たとえ、魅力の瞬発力に自信がなくても大丈夫。「人としていいヤツ」でいれば、必ず誰かが、それに気づいてくれるものなのです。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ