大さじ1を正確に量れる「すり切り付き計量スプーン」でカロリー計算など健康管理が楽になる【今日のライフハックツール】


料理はさじ加減。レシピにある「大さじ1杯」とは、正確には「大さじすり切り1杯」を意味します。でも、面倒くさいと大雑把に計量していませんか。

一般社団法人栄養検定協会が開発した『片手ですり切れる計量スプーン』は、すり切り機能付きの計量スプーン。正確な量が量れると味付けが安定するだけでなく、カロリー計算や塩分調整が素早くにでき、健康管理が楽になります。

指でスライドするだけの簡単計測

181001_surikiri_02
Photo: 藤加祐子

『片手ですり切れる計量スプーン』は、柄の部分にスライド式のすり切りプレートがセットしてあります。試しに砂糖を量ってみたところ、プレートは指で簡単にスライドでき、すくいすぎた余分な量がこぼれ落ちる仕組みです。
181001_surikiri_03
Photo: 藤加祐子

すり切り用プレートは、そのまま前方に押し続けると外れる仕様となっています。
181001_surikiri_05
Photo: 藤加祐子

すり切りプレートを外して、さじの真ん中に差し込めば、2分の1の量を取り分けるのも楽です。レシピにありがちな「大さじ1と1/2」が正確に量れるというわけです。
Push
片手ですり切れる計量スプーン 3本セット(1ml/5ml/15ml) 【栄養検定協会】
片手ですり切れる計量スプーン 3本セット(1ml/5ml/15ml) 【栄養検定協会】
1,728円

カロリーや塩分の計算もキッチリできる

181001_surikiri_06
Photo: 藤加祐子

スプーンのサイズは、大さじ(15cc)小さじ(5cc)1ccの3種類。素材は酸にも油にも強いABS樹脂が使われており、あらゆる調味料を量れます。

開発した栄養検定協会によれば、1ccのスプーンで精製塩を量ると1.2gになり、これで150ccのお吸い物を作ると塩分濃度が0.7~0.8になるとしています。

健康管理にはもちろん、赤ちゃんの離乳食やお年寄りの介護食づくりにも重宝する、計量スプーンセットです。

あわせて読みたい:

コンパクトにたためるシリコン漏斗は詰め替えだけでなく、プロテインみたいな粉を入れるのにも便利【今日のライフハックツール】

冷たいお茶をポットで作ってから、ボトルに入れ替える場合「漏斗(ろうと・じょうご)」があると、こぼさずに詰め替えができます。昭和の量り売り時代に使われ...
https://www.lifehacker.jp/2018/06/lht-icho.html

Photo: 藤加裕子

Source: 一般社団法人栄養検定協会

あなたにおすすめ