Toshlが『芸能人格付けチェック』参戦! YOSHIKIはチーズおかき売切れの大反響を起した『格付け』名場面をプレイバック

wezzy

2018/10/10 00:25


 10月9日放送の『芸能人格付けチェック MUSIC ~秋の3時間スペシャル~』(テレビ番組)に、X JAPANのToshl(52)が参戦する。今回は正月恒例『芸能人格付けチェック』の番外編で、“一流の音”を聴き分ける戦いが繰り広げられる。

Toshlがタッグを組むのはゴールデンボンバーの鬼龍院翔(34)で、チーム名は“トシボンバー”。大先輩とチームを組む鬼龍院のプレッシャーは相当のものだろうが、いずれもミュージシャンとして名をはせており、有利に戦いを進められそうだ。しかし、対戦メンバーには、紫吹淳(49)&安蘭けい(48)の“チーム宝塚”や、鳥羽一郎(66)&長山洋子(50)の“チーム演歌”など、そうそうたる面子が揃っており、激戦必至だろう。
YOSHIKIは大反響を巻き起こした
 『芸能人格付けチェック』は、これまで様々な名場面を生んできた。まずもっとも有名なのが、“格付けチェックの申し子”GACKT(45)の連勝記録ストップではなかろうか。

彼は2009年に初登場して以来一度もミスをしたことがなかったのだが、2016年の放送で事件は起きた。この日はGACKT、北山宏光(33)、中山優馬(24)というチームで挑み、GACKT の“40連勝”がかかった問題で中山がまさかの不正解。“一流芸能人”の称号から初めて陥落し、「ヤバい…… 涙が出てきた」とかなり本気でへこんでいた。

しかしそんなGACKTだが、今年の正月に放送された同番組で旧友のX JAPAN・YOSHIKIとタッグを組み見事に全問正解。後日GACKTはブログで、「YOSHIKIの余裕で正解を出す姿を見て、『悔しいけど、カッコいいかも…』と茶菓子好きな兄を尊敬し直したわけです」と相方を絶賛している。ちなみにこの放送でYOSHIKIが待機中に食べまくっていた茶菓子“あけぼのチーズおかき”は、各地で売り切れが相次ぐほど大反響となった。

同番組には「映す価値なし」という最底辺ランクもある。2013年に石田純一(64)&すみれ(28)の親子ペアが放送の途中でこの称号を手にしてしまった。最後の問題が終わる前に「映す価値なし」となったのはこのペアが初めてで、CG処理で“透明”になったまま番組に参加するという、前代未聞の光景が繰り広げられた。

また、“ファビュラスな姉妹”で知られる叶姉妹は、2005年~2006年の2年連続で“全問正解”を達成。あまりにも外さない2人に、当時は“ヤラせ疑惑”も浮上したほど。

数々のドラマを生んできた『芸能人格付けチェック』。“スイーツキャラ”として近年バラエティー番組での活躍が目覚ましいToshlだが、YOSHIKIと同様に全問正解で大活躍となるのだろうか。

(ボンゾ)

あなたにおすすめ