堀内健がHIKAKINに敗北!? 小学生から「単純に面白くなかった」と酷評される

日刊サイゾー

2018/10/9 23:00


 10月8日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、カリスマYouTuberのHIKAKINが登場。レギュラーメンバーの堀内健と“おもしろ動画対決”をして話題になっている。

番組では小学生ウケ抜群のHIKAKINから、その極意を学ぶべく“小学生から友達になりたいと思われろ007”というコーナーを放送。HIKAKINからウケる極意を学び、小学生20人を前に“いかに笑いが取れるか”を実践していった。

堀内は520万回再生を記録している、HIKAKINの「卓上パンチングマシン本気で殴りまくってみた」という動画に挑戦することに。まずHIKAKINがスタジオでお手本を見せたところ、小学生の大爆笑をかっさらった。続く堀内は、パンチングマシンを殴りそこねて机に肘をぶつけるというボケを披露。肘を押さえながら「誰かお医者さん呼んでください」「死んじゃうよ~!」と叫び続けたものの、小学生たちは終始ポカンとした表情を浮かべていた。

「堀内の挑戦を見た小学生に“友達になりたいか? なりたくないか?”でアンケートをとると、20人中8人だけが“友達になりたい”と回答。“友達になりたくない”と答えた理由を聞いたところ、『単純に面白くなかった』と辛らつな意見を口にする小学生もいました。堀内の世界観は小学生に通用しないと明らかになったのですが、視聴者からも『ホリケンはたしかに面白くない』『ホリケンはYouTuberになったらスベりまくって終わりそう』『しゃべくりメンバーはちょっとホリケンに甘過ぎるんじゃない? つまんない上に不快。子どもは正直だな』といった辛口評価が。小学生と同じく“単純に面白くなかった”と感じた視聴者も多いようです」(芸能ライター)

破天荒な言動が「天才」「世界観が独特」といわれる堀内。しかし突拍子もない行動をNGとする人も多く、現在炎上を招いている。

「堀内が炎上したのは、今年8月放送の『ひるキュン!』(TOKYO MX)での一幕。堀内は生放送中の番組で田中みな実やアンミカの足を自分の肩にのせ、引きずって振り回すといった謎の行動を見せました。“ホリケンワールド”をいかんなく発揮したのですが、『セクハラだしクソつまんない。幼稚園児や小学生みたい』『ホリケンのやつ本当に胸糞悪い。まだこんなのが面白いと思ってんのかな?』『業界内でウケてるかもしれんが、視聴者としては不快なだけで面白くも何ともない』といった声が殺到。放送から2カ月が経った現在も炎上しています。時代の流れと共に、堀内の芸風は受け入れられなくなっているのかもしれません」(同)

ネット上には、炎上中の堀内を「今更ホリケンの芸風が炎上するのか……」「ホリケン炎上は今更だろ。昔っからあんな感じじゃん」「動画みたらただのホリケンだった。叩いてる人はホリケン見たことないのかな」と擁護する声も多い。芸歴30年近い堀内だが、キャラ変することはあるのだろうか。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ