フォローアップミルクはいつまでOK?人気の「フォローアップ粉ミルク」8選

It Mama

2018/10/9 21:30

source:https://www.shutterstock.com
 

育児中のママの中には「フォローアップミルク」を使われている方もいるかと思います。

聞いたことはあるけど使い道が今ひとつ分からず、新生児に飲ませるミルクとどう違うの?と思っているママもいることでしょう。

今回は、そんなママへフォローアップミルクについて、そして各メーカーで発売しているママに人気のフォローアップミルクを紹介していきます。


フォローアップミルクって何?


フォローアップミルクとは「乳幼児に必要な栄養を補う」ミルクのことです。新生児に飲ませていた母乳やミルクは完全栄養食品として皆さんもご存じと思いますが、赤ちゃんは生後6ヶ月頃、母乳やミルクから離乳食に移行していきます。

離乳食だけでは補えない不足しがちな栄養素をフォローしてくれるミルクがフォローアップミルクになります。

フォローアップミルクはいつからいつまで飲める?


生後6ヶ月頃から離乳食を始める赤ちゃん、スタート時は1日1食、重湯やペースト状にした野菜などを与えます。9ヶ月頃になると与える食べ物も増え、1日2~3食の離乳食になります。

ただ、与える食材が増えたからといって大人と同じようになんでも食べられる訳でもありません。

そこで、離乳食だけでは不足しがちな鉄分、カルシウム、ミネラルが強化されたフォローアップミルクを与えることで足りない栄養素を補っていきます。

動きが活発になり、身体の成長が大きい生後9ケ月~3歳ぐらいまで必要とされています。(※1)

赤ちゃんの様子を見ながら1歳~2歳の間に牛乳や豆乳に切り替えるママもいます。

人気のフォローアップミルク8選


(1)和光堂 フォローアップミルク 『ぐんぐん』
和光堂フォローアップミルク ぐんぐん830g
source:https://www.amazon.co.jp

鉄、DHA等の栄養素などがバランスよく配合された和光堂のフォローアップミルク『ぐんぐん』。

牛乳では不足しがちな鉄を、100ml当たり1.33mg配合しており、牛乳より鉄を多く含んでいます。粉もサッと溶けて、何よりおいしいと評判で、離乳食に使用することもできます。

違和感なく飲んでくれるとママ達からも好評のフォローアップミルクです。

商品サイズ:180.0mm×132.0mm×132.0mm

内容量:830g

原産国:日本

(2)和光堂 フォローアップミルク 『ぐんぐんスティックパック』
和光堂 フォローアップミルク ぐんぐん スティックパック 14g×10本
source:https://www.amazon.co.jp

和光堂フォローアップミルクのスティックタイプになります。14gで10本入っています。

かさばることなく手軽に持ち運びできるので旅行や外出時におすすめです。

商品サイズ:175mm×46mm×100mm

内容量::14g×10本

原産国:日本

(3)森永 『チルミル』
【Amazon.co.jp限定】 森永 チルミル 大缶 820g×2缶パック
source:https://www.amazon.co.jp

森永の『チルミル』は水でも溶くことができて砂糖は不使用、飽きのこない味が評判のフォローアップミルクです。飲むだけでなく成長に合わせて離乳食に使用することもできます。

鉄分、ラクトフェリンだけでなくDHAも配合され、離乳食だけでは不足しがちな栄養素をしっかり補ってくれます。

商品サイズ:18.1cm×13.5cm×27.0cm

内容量::820g×2缶パック

原産国:日本

(4)明治 『ステップ』 
明治 ステップ 800G
source:https://www.amazon.co.jp

植物に豊富に存在する赤橙色色素のβ-カロテンが、他のフォローアップミルクに比べ多く含まれている明治ステップのフォローアップミルクです。

味も優しい甘さが特徴的、野菜の苦手な子にはぜひ、飲んでもらいたミルクです。

(5)明治 『ステップ らくらくキューブ』 
【Amazon.co.jp 限定】明治 ステップ らくらくキューブ 28g×48袋入り(景品付き)
source:https://www.amazon.co.jp

こちらはステップのキューブ型になり、持ち運びに便利と人気です。

1歳から3歳までの日本人の食事摂取基準(2010年版)における、鉄・カルシウムの充足率が100%、また、主なビタミン・ミネラルの推奨量・目安量も70%サポートしてくれるので安心です。

キューブ1個で40mlのミルクをつくれます。

商品サイズ:22cm×12cm×27cm

内容量:28g×24袋×2箱

原産国:日本

(6)ビーンスターク 『つよいこ』
ビーンスタークつよいこ(スティック) 14g×18本
source:https://www.amazon.co.jp

カルシウムや鉄・DHAが他社と比べて多く含まれているのが特徴的なビーンスターク『つよいこ』。

フォローアップミルクに含まれている成分はどの会社も大差ありません。ただ、離乳食だけでは摂取しにくい栄養を各社が特別に配合している特徴が見られます。

しかし、こちらのフォローアップミルクは特別に何かを配合することはなく、基本に忠実に作られています。

商品サイズ:180mmx72mmx72mm

内容量:14g×18本

原産国:日本

(7)雪印メグミルク 『たっち』
雪印メグミルクたっち 850g
source:https://www.amazon.co.jp

完全母乳で育てた赤ちゃんが移行しやすいフォローアップミルクとして人気の雪印メグミルク『たっち』は、他のフォローアップミルクに比べてビタミンD、ラクトフェリン、ヌクレオチドの含有率が高く、甘さが控え目になっています。

卒乳したいママ達からも人気のミルクです。

商品サイズ:180mmx132mmx132mm

内容量:850g

原産国:日本

(8)グリコ 『アイクレオのフォローアップミルク』
アイクレオのフォローアップミルク 820g
source:https://www.amazon.co.jp

あっさりした味わいが人気の『アイクレオのフォローアッップミルク』。母乳成分のひとつとされているヌクレオチドが他社に比べ4倍も配合されています。

こちらのフォローアップミルクにはDHAが配合されていないのですが、体内でDHAに代わるリノール酸を配合しています。あっさりしているので離乳食との相性もいいフォローアップミルクです。

フォローアップミルクには赤ちゃんの発育に大切な要素がたくさん詰まっています。

すくすく健やかに育ってほしい赤ちゃんのために、離乳食のスタートと同時にフォローアップミルクで足りない栄養素をしっかり補っていきましょう。

【参考・画像】
※1 和光堂フォローアップミルク ぐんぐん
※2 和光堂フォローアップミルク ぐんぐんスティックパック
※3 森永 チルミル
※4 明治 ステップ   
※5 明治 ステップ らくらくキューブ 
※6 ビーンスタークつよいこ
※7 雪印メグミルクたっち
※8 アイクレオのフォローアップミルク
※ Pratchaya Ruenyen / Shutterstock、Amazon

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ