山寺宏一、「宇宙戦艦ヤマト2202 第六章」で歌手起用 エンディング主題歌「大いなる和」歌う

アニメハック

2018/10/9 22:00

 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章『回生篇』」のエンディング主題歌「大いなる和」を、同シリーズにアベルト・デスラー役で出演している山寺宏一が歌うことが明らかとなった。あわせて、山寺の歌唱シーンやインタビュー、第六章本編映像で構成された最新PVが公開。映像内で山寺は、「魂を込めて歌わせていただきました。希望に繋がる“大いなる和”をこの曲から感じてもらえればうれしいです」と、歌に込めた思いを語っている。

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」は、2012~14年にかけてイベント上映やテレビ放送などで展開された「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編。1978年公開の劇場版「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」をベースに、新たなヤマトの旅路を全7章で描く。「第六章『回生篇』」では、波動砲艦隊を失った地球が、かつて砲火を交わしたガミラスと連合軍を結成し、強大無比なガトランティスと激突する。10月5日からはテレビ東京ほかでテレビアニメ版の放送がスタートした。

また、東京・新宿ピカデリーでは上映初日の11月2日、2日目となる3日に舞台挨拶も決定。2日目は山寺が「回生篇」エンディング主題歌「大いなる和」を生歌唱する。チケットは、両日とも10月10日午前10時までヤマトクループレミアムで抽選販売を受付中。12日正午から16日まではローソンチケットでプレリクエスト先行、22日正午から先着で一般販売。価格は初日が2000円、2日目が2800円(いずれも税込み)。

あなたにおすすめ