M・デュラスの自伝的小説を映画化『あなたはまだ帰ってこない』公開

クランクイン!

2018/10/9 19:00

 世界的ベストセラー小説『愛人 ラマン』で知られる女流作家マルグリット・デュラスの自伝的小説を映画化した『Memoir of Pain(英題)』が、『あなたはまだ帰ってこない』の邦題で2019年2月22日に公開されることが決定した。本作は、今年度の米国アカデミー賞外国語映画部門のフランス代表作品に選ばれている。

【写真】映画『あなたはまだ帰ってこない』場面写真

『あなたはまだ帰ってこない』は、デュラスが『愛人 ラマン』を発表した翌年の1985年に出版された小説『苦悩』を映画化したもの。第二次世界大戦下のフランスで、レジスタンス運動家の夫ロベール・アンテルムの帰還を待ち続けるデュラスの苦悩の日々を描く。

パリのアパルトマンの一室で、自らの愛の行き場を失い、葛藤の中で夫を待ち続けるデュラスを演じるのは女優のメラニー・ティエリー。ゲシュタポの手先でデュラスに近寄るラビエ役をブノワ・マジメル、レジスタンス運動のメンバーでデュラスを支えるディオニス役をバンジャマン・ビオレが演じる。監督は、ジャン=リュック・ゴダールやクシシュトフ・キェシロフスキの助監督を経て95年に監督デビューを果たしたエマニュエル・フィンケルが務める。

1944年、ナチス占領下のフランス。若く優秀な作家デュラスは、夫のロベール(エマニュエル・ブルデュー)と共にレジスタンス運動のメンバーとして活動していたが、ある日夫がゲシュタポに逮捕される。デュラスは夫を取り戻すため、ゲシュタポの手先のラビエの力を借り、恐ろしい危険に身を投じることを決意する。愛する夫の不在はパリの解放後も続き、デュラスは心も体もぼろぼろになりながら夫の帰りを待つが…。

邦題と公開日に併せて、場面写真も解禁。デュラスが男性と熱く抱擁する場面、タバコを手にほほえみながら相手を見つめる姿、不安げな表情で男性に寄り添う様子、外で何かを見上げているさまのほか、ラビエ役のブノワが物憂げな表情でタバコを手に立つ姿も収められている。

フィンケル監督は今作について「デュラスの『苦悩』を初めて読んだのは20歳の頃。30年ぶりに再読し、まるで初めて読んだかのように激しく揺さぶられた。これは愛の物語です」とコメントを寄せている。

映画『あなたはまだ帰ってこない』は2019年2月22日より全国順次公開。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ