高畑充希、爆乳キャラに「おっぱいが足りない」とボヤき…

テレビドガッチ

2018/10/9 18:00

漫画家・阿部潤による同名コミックをドラマ化したドラマ24『忘却のサチコ』(テレビ東京系、10月12日スタート、24:12~)の記者会見が9日、都内で行われ、主演の高畑充希のほか、共演者の早乙女太一、葉山奨之、演出を担当した山岸聖太が登壇した。

完璧な仕事ぶりから“鉄の女”と称されたアラサ―女性編集者・幸子(高畑)が、結婚式当日に花婿に逃げられ、以後、まさかのミスを連発。仕事に支障をきたしてしまうほどの満身創痍に陥ってしまうが、そんな幸子が見つけた“忘却の法則”が「ただひたすらに“旨いもの”を食べる」こと。そんな食べて食べて忘れる、幸子の忘却の日々をコミカルに描く本ドラマ。今年1月にテレビ東京で放送したドラマスペシャルが好評を博したことで、連続ドラマ化が決定した。

高畑は「私の中でも思い出深い、大好きなキャラクター。連ドラになれって念を送っていたので実現して嬉しいです」とコメント。「私自身が漫画のファンで、正直プレッシャーもありました」と述べ、「幸子は原作では実は高身長で爆乳のキャラクター。身長とおっぱいが足りないなって思っていたんです。そんななかスタッフの皆さんと作り上げて、前回の皆さんの反響を見てほっと胸をなでおろしていたところにこの話が決まって。本当に嬉しかったです」とにっこり。

美食の数々が登場するのも見所だが、「どの料理も実際にお店の方が作ってくださって抜群においしかったんですけど、私はイヤホンで吹き込んだナレーションを聞きつつ演技をしていたので、ほぼ味がわからなかったです。もっと普通に食べたかった」とため息。「12話あって、食べるシーンが20品目近く。2日に一回は食べるシーンを撮影していたような気がします。すごくおいしいのにって苦しみました。プライベートでまた食べに行きたいです」と振り返った。

結婚式当日に幸子の元から突如、失踪した新郎・俊吾役を演じる早乙女は、本作への意気込みを問われると「地上波の連ドラは初めてなので感慨深いです」とやる気十分。役作りには難しさがあったといい、「さわやかでニコニコという役はほとんどやったことがなくて、僕にとっても初めての経験ばかり。口角を上げるのを意識してニコニコしながらやっていました」とコメント。

幸子が所属する出版社の新人編集部員の小林一心役の葉山は高畑と4年ぶりの共演。「前に共演したのが、僕がまだ19歳くらいの時。4年間でちょっとは成長したところを見せないとって思って頑張ったんですけど、4年前と変わらなかったです。2人のシーンが多かったけど全部助けてもらいました」と照れ笑い。これに高畑は「久々に会って、スーツがピシッときまっていて、奨之大人じゃんって思いました」とフォロー。「でも、犬っぽさは以前と変わらない。ずっと撫でていたい欲求に耐えながら共演していました」と話して会場を笑わせていた。

あなたにおすすめ