ジム・キャリー主演ドラマ『Kidding』長回しシーンの舞台裏が凄いと話題に

ViRATES

2018/10/9 19:00

映画『マスク』などで人気を博し、一躍コメディ映画のアイコンとなったハリウッド俳優のジム・キャリーが、20年以上ぶりにドラマに主演することが決定したという。

その新作ドラマ『Kidding』の長回しシーンを撮影している現場と、完成後の映像とを比較再生した映像が面白いと話題になっている。

早速観てみよう!

 

 

長回ししているとは思えない程のクオリティ!!

時間経過をうまく表現するため、カメラの死角となるあちこちの場所で俳優やスタッフが忙しく動き回り、インテリアや衣装、俳優そのものも変えていく様子には圧巻・・・!

そんなドタバタを微塵にも感じさせない本編とその舞台裏との比較は、観る方も大変なほど。

監督はビョークなどの大物アーティストのMVを手がけ一躍その名を知られ、ジム・キャリーを主演に撮った映画『エターナル・サンシャイン』などの名作を生み出したミシェル・ゴンドリー。

今回もその強力タッグで製作されるドラマ『Kidding』はアメリカでは放送中だが、日本ではまだ未定。

日本でも早く放送してほしいと願うばかりだ。

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(Kidding)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

あなたにおすすめ