植物ブロックを使った高さ1mのレゴ風力発電タービン、ちゃんと回ります

181002_lego
Image: COLOSSAL

このキットで、再生可能エネルギー技術をお祝いします。

先日の記事にて、レゴがサトウキビ由来ポリエチレンを使った、植物由来のレゴブロックをこれから販売するとお伝えしました。

そして早速、それらの植物ブロックを使用した新しいキットが登場。それがCREATORシリーズの風力発電タービン「Vestas Wind Turbine」です。

COLOSSALが取りあげたこのキットは、2008年に作られた高さ60cmの限定版レゴ風車のリブート版。こちらも前作同様、Vestas社の実存するタービンをスケールダウンした、コラボレーション・モデルとなっているのです。

高さ1mのわりには、826ピースと少なめのブロック数で、中にはバッテリーとモーター、それにLEDと50cmの延長ケーブルが2本同梱されています。残念ながら風力で発電することはできないようですが、バッテリーが風車を回し、非常灯を点灯します。

そしてタービンの下に建てるのは、郵便受けや白い花がある木造の一軒家。そこには犬を飼うひとりの女性が住み、ふたりのVestas技師が専用車で点検にやってくるのです。

実は植物ブロックは同梱される木々にだけ使われているのだそうです。とはいえ、風力発電タービンとの組み合わせは「エコロジー」を前面に押し出したコンボですよね。
181002_lego2
Image: COLOSSAL

気になるお値段は199.99ドル(約2万2,800円)で、11月23日にリリースを予定しています。自室のインテリアとして、または玄関先や床の間のオブジェ的な置物としていかがでしょう?

Source: COLOSSAL via LEGO

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ