内田裕也 車椅子姿で映画PRイベント 「家族に不幸がありまして…」 孫・UTAへの期待も

 ロック歌手の内田裕也(78)が9日、都内で行われた映画「アンクル・ドリュー」(11月9日全国公開)のジャパンプレミアにゲストとして登壇。9月15日に妻で女優の樹木希林さんを75歳で亡くしてから初めての芸能イベントとなった。

 同30日に都内の寺院で行われた希林さんの本葬儀では、内田が喪主を務めたものの、体調が思わしくなかったため、一人娘の内田也哉子(42)が代理であいさつ。式で内田が発言することはなかった。発言が注目される中でのイベント出演とあって、会場には多くの報道陣が詰めかけた。

 イベントには、車椅子での登壇ながら、劇中のバスケユニフォームを着用し、元気な姿を見せた内田。「僕にも孫が3人おりまして、一番上の孫はサンフランシスコでずっとバスケットチームで頑張ってやっています。まだ実力は大したことはないと思いますが、身長は2メートル越して、ルックスも本木雅弘と内田裕也の血を引いたもので、やたら背も高くて、スタイルも良くて。まあ、バスケットはルックスだけではないんですけど、やはり花形プレーヤーになる、そういう環境は整っていると思います。日本でもジャニーズ関係ではなくて、英語もできて、ルックスも良くて、必ずや今までにないスターになってくれると確信しております」と、バスケット選手としても活躍する孫でモデルのUTA(20)への期待感を口にした。

 さらには「きょうはちょっと、家族に不幸がありまして、まだいくらも経ってないので、ちょっと元気がないように思いますけど、こういうときにこそ、この映画のプロモーションに必ず出ますと約束したもので、ちゃんと出演するのがロックンロール魂と思ってやってきました!」と思いを吐露した。

 関係者によると、今回の内田のイベント出演は以前から決まっていたもので、NBAレジェンドが活躍する映画にかけて、内田が“日本のレジェンド爺さん”としてブッキングされたという。内田の芸能イベントへの出演は昨年10月の京都国際映画祭以来、約1年ぶりとなる。

 同作は、特殊メークでお爺さんに扮した現役NBA選手のカイリー・アービングがストリートボーラーに勝負を挑み、神業プレーを連発し、Youtubeの再生回数は累計1億回を突破するほど、爆発的な人気となった2012年制作の米ペプシコーラのCMの映画化。NBAのレジェンドとハイウッドスターの共演も話題となっている。「僕も昨日拝見しましたが、実際に全編ロックンロールで躍動感あふれる(作品)。ぜひ見てやってください。面白いかどうかは俺が保証します。マジに面白いです」と力を込めた。

 この日の内田は途切れ途切れで絞り出すようにコメントしており、「きょうはちょっとコンディションが悪い」という言葉も聞かれた。それでも、最後には「配給会社、ちゃんとやれ!」とロックンローラーらしく仕切りに喝を入れる場面もあった。

あなたにおすすめ