宮野真守、『スモールフット』アフレコでラップ&キメ顔披露

Billboard JAPAN

2018/10/9 18:00



人気声優の宮野真守が吹き替えを担当する映画『スモールフット』の本編シーンが公開された。

本編は、宮野真守演じる“スモールフット”(=人間)のパーシーが、劇中歌「PERCY’S PRESSURE」を熱唱する場面。元となった曲は、誰もが一度は耳にしたことのあるクイーンとデヴィッド・ボウイによる世界的名曲「アンダー・プレッシャー」だ。パーシーは、自身がMCを務める不人気番組の注目を上げるため、偽のイエティ発見動画の撮影のためイエティ目撃談が多数ある雪山に来たところ、イエティのミーゴと遭遇するというキャラクター。パーシーの番組のプロデューサーで、彼が企むイエティの着ぐるみを着てヤラセの動画を配信するという企画を聞いて呆れるブレンダを説得するため、パーシーが即興でラップを交えた歌「PERCY’S PRESSURE」を披露する。

注目は、映像の左下に表示されたワイプ映像。宮野本人が自他ともに似ていると認めるパーシーと完全にシンクロし、もはや職人芸ともいえるパフォーマンスを披露している。パーシーが軽快にダンスをしたり、「いいね!」マークを積み上げた階段を飛び上がったりする胸弾む映像に合わせ、宮野も表情だけでなく身振り手振りでパフォーマンス。途中カメラ目線を交えつつ、終盤では「ブレンダ ブレンダ ねぇ お願い」と、パーシーの思いを熱唱し、ラストはキメ顔からの爽やかな笑顔で締めくくっている。“モジャかわ”なイエティ・ミーゴのスモールフット(=人間)探しの旅を、極上の音楽に乗せて贈る、この秋一番の“モジャかわ”ミュージック・ファンタジー『スモールフット』は、2018年10月12日より公開。

◎映画『スモールフット』本編映像(ミュージッククリップ宮野真守ver.)
https://youtu.be/jszNnES9qjU

◎公開情報
『スモールフット』
2018年10月12日(金)より、全国ロードショー
監督:キャリー・カークパトリック
日本語吹替キャスト:木村昴、宮野真守、早見沙織、立木文彦ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ