ローソンの「ふんわりコッペ」は具材たっぷりで満足度高めだった!

ママテナ

2018/10/9 18:00


コッペパンは昔からある馴染み深いパンですが、なぜかここ最近じわりブームが起きている印象。街中にコッペパンを扱うショップがあったり、コンビニでも必ずといっていいほどコッペパンが販売されていたりします。そして、また新たな商品が登場したのです。
ローソンの「ふんわりコッペ」は具材たっぷりで満足度高めだった!

「ふんわりコッペ」は「ハムカツ」と「たまご」の2種類


ローソンが2018年10月2日(火)から発売している「ふんわりコッペ」シリーズには、「ハムカツ&コールスロー」(税込220円)と、「たまご&ポテトサラダ」(税込198円)の2種類があります。どちらも食パンなどが置いてあるパンコーナーではなく、サンドイッチなどが置いてあるチルドコーナーに置かれている商品です。

「ふんわりコッペ(ハムカツ&コールスロー)」は、甘めのソースで味付けしたハムカツと、キャベツやコーンなどのシャキシャキとした食感が特長。「ふんわりコッペ(たまご&ポテトサラダ)」は、ニンジンやきゅうりなどを使用したポテトサラダとたまごをサンドし、野菜をしっかりと楽しめるようです。どちらも、“ふんわりもちもち”食感の白いコッペパンを使っています。

いろんな食感を楽しめるふんわりコッペ


コッペパン好きな筆者としては、「ふんわりコッペ」は気になる存在。とくに、「ハムカツ&コールスロー」を食べてみたかったのでさっそく購入してきました。端から端まで具材がたっぷりサンドされている「ふんわりコッペ」をひと口食べてみると、噛み応えのあるハムカツと、ふわふわでもっちりとしたコッペパン、キャベツ、ニンジン、タマネギ、コーンのコールスローのシャキシャキ感など、いろんな食感を楽しめて楽しいです。また、ハムカツのソースとコールスローのドレッシング(?)の相性もよく、すぐに完食してしまいました。ボリューム満点でしっかりとした味わいを感じられる「ふんわりコッペ」。ランチなどにもちょうどいいのでお試しあれ。(文・奈古善晴/考務店)

あなたにおすすめ