『しゃべくり007』にヒカキン出演 スタジオで大喜びする子供に「やらせ?」の声

しらべぇ

2018/10/9 17:00


(©ニュースサイトしらべぇ)

8日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)にユーチューバー・HIKAKIN(ヒカキン)が出演。観客として登場した小学生と、ネットの反応の温度差が話題になっている。

■子供たちに愛される


番組では、トップユーチューバーとして活躍するヒカキンの日常や極意を掘り下げる。視聴者の多くが子供ということもあり、以下のことに気をつけているという。

「汚い言葉を使わない」

「思わず言いたくなる挨拶」

「高度なジョークよりシンプルな顔芸」

「(動画の)最後まで楽しませる工夫」

また、スタジオにはヒカキンファンの小学生たちが登場。「ヒカキン命」と言うほど大好きなようで、その後ヒカキンとしゃべくりメンバーが「子供にウケるのはどっち?」の企画で対決した際も、ヒカキンのリアクション芸に手を叩きながら大声で笑っていた。

■ヒカキンの「極意」に称賛


子供たちが安心して動画を見られるよう、さまざまな工夫を凝らすヒカキン。その丁寧さや動画へ思いに、ネット上では「感心した」「さすが」と称賛の声が相次いだ。






■「やらせ」を疑う声も


しかし、大盛り上がりの子供たちとは対照的に、一部では「笑いすぎでしょ」冷めた反応も。中には仕込みを疑う声もあり、子供の笑い声が過剰すぎると指摘されている。

普段から動画を見ている子供たちにとってはヒーローのヒカキンだが、動画を見ない大人たちにとっては違和感を抱くものだったのだろう。

「やっぱりヒカキンの面白さがわからない 子供達の台本通りの乾いた笑い声で余計萎える」

「ヒカキンさんは好きだけど、何かそんなに面白くない所で子供達が笑ってるのを見て『これ笑えって言われてる?(子役?)』っていう邪推」

「ヒカキンさんしゃべくりは、子役のやらせがしんどい。パンチングマシーンのときは特にプロ子役の無理して笑ってる感がすごすぎて。これを本気で子供たちが楽しんでいると感じている大人の視聴者はいるのだろうか? ヒカキンさんは好きだけどやらせは嫌だな~」

■生活できるならユーチューバーになりたい?


毎日ネタのことを考え、睡眠時間を削りながらトップを走り続けるヒカキン。そんな姿に憧れている人は多いだろう。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,358名に「ユーチューバー」について調査したところ、約2割が「生活できるならユーチューバーになりたい」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

スタジオの子供の反応にさまざま反応があるものの、それだけ子供に好かれていることも事実だ。これからも子供たちに好かれるトップユーチューバーとして活躍してもらいたい。

・合わせて読みたい→ヒカキンの炎上に「さすがに引いた」 『仕事の流儀』の発言を残念に思う声も

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20~60代の男女1358名(有効回答数)

あなたにおすすめ