夫が浮気していたら、慰謝料はとれる? 再発防止策は?

yummy!

2018/10/9 17:00


夫が浮気していたら、慰謝料はとれる? 再発防止策は?

夫の帰りが遅くなったり、服装の趣味が変わったりしたとき、浮気を疑ってしまう女性は多いでしょう。パートナーの浮気は許しがたいですよね。
今回は、夫が浮気していた場合、慰謝料はもらえるのか、について解説していきます。

夫が浮気していたら、夫と浮気相手から慰謝料はもらえる?



夫の浮気がたしかなら、夫と浮気相手、両方に慰謝料を請求ができます。ただし、浮気相手が、夫が既婚者であることを知らなかった場合には慰謝料請求はできません。また、心だけの浮気で体の関係がない場合にも、慰謝料請求は不可能です。法律的には、浮気とは、不貞行為、つまり肉体関係を伴う浮気に限られます。
肉体関係を伴う浮気をしている証拠(浮気相手の自宅に出入りしている写真など)があり、既婚者だと分かったうえで関係を持っていた場合、夫と浮気相手、それぞれに慰謝料を請求することは可能です。

夫が浮気していたら、慰謝料はいくらもらえる? 相場は50万~300万



浮気の慰謝料は、ケースバイケースで変わってきますが、相場は50万~300万円ほどだと言われています。
浮気が家庭生活に及ぼした影響が大きく悪質であるほど慰謝料は高額になります。浮気が発覚したけれども、離婚をしない場合には、50万~100万円ほどが妥当でしょう。浮気が理由で別居に至った場合には200万円ほど、離婚することになってしまった場合は300万円ほどの慰謝料が考えられます。

夫に浮気を繰り返させない方法はある?



一般的にいって、浮気性はなかなか治りません。一度浮気されたら、もう一度浮気される可能性があると考えてよいでしょう。
ただし、ひとつだけ彼に浮気を繰り返させない方法があります。それは、あなた自身が彼にとって、失いたくない女性、傷つけたくない女性になることです。浮気されたということは、「あなたを傷つけたくない気持ち」よりも、一時の性欲や刺激が勝ってしまったということでもあります。
浮気性の彼氏を夢中にさせる関係性を築くことが、唯一の浮気防止策です。これが、どれだけ大変なことかは、浮気をされたあなたなら分かるでしょう。それだけ、浮気性とはやっかいなものなのです。

さいごに



今回は、夫の浮気が発覚した場合の慰謝料について簡単に解説してきました。
夫と浮気相手に慰謝料を請求する場合、大切なのは証拠です。慰謝料請求を考えているならば、できるだけ多くの証拠を集めておく必要があるでしょう。「慰謝料請求や離婚は考えていないけれど許せない」という場合には、「もう二度と浮気はしない。次浮気をしたら○万円支払う」など、ペナルティを記載した誓約書を作成しておくことで、浮気の抑止力になります。
浮気をどのように償ってもらうのがベストかは人によって違います。ご自身の気持ちができる限りおさまる方法を選びましょう。
(今来 今/ライター)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ