佐藤健も困惑!?何度も撮り直しとなる妙な討論会が開催!

画像は「全力!脱力タイムズ」公式Twitterの投稿より

10月5日放送「全力!脱力タイムズSP」(フジテレビ系)に俳優の佐藤健がコメンテーターとして登場。マジメにトークしながらもどこかおかしくなってしまう展開に、佐藤も笑いをこらえるのに必死な様子をみせた。

撮り直し多発!?テレビをディスる発言連発!


今回は「テレビとネット、どちらが生活に必要か?」について、多くの論客とともに徹底討論が行われた。スタジオでは5対1でテレビに軍配が上がったが、ただ一人ネットの札をあげたのが侵入生物専門家の五箇公一氏。討論は彼を中心に展開されてゆく。

五箇氏は「『知りたい見たい』がすぐ手の届くところにあるのがネットのいいところ。テレビはすぐに手が入らないから、ずっとつけていなければならない。時間の無駄」と一刀両断。さらに「今テレビに出てるのは『出てやってる』だけの感じですね」と持論を展開した。

これに対して佐藤は「五箇先生もテレビでニュースを見ることがありますよね?」と反論するが五箇氏から「僕はあくまでもネットでニュースを見ます。あなたも家帰ったらスマホでニュース見ますよね?テレビは朝ドラの録画しか見ないはずです」と矢継ぎ早に返され、佐藤は下を向いて黙ってしまい、スタジオには笑いがおこる。

しかし、ここまで五箇氏優勢で進んだに思われる討論だが、ここで五箇氏のマネージャーが登場。実は2、3年先までテレビ出演のスケジュールが詰まっていることが明かされると、キャスターの有田哲平から「テレビを悪くいったら仕事が無くなるので、今の発言は無しにしたい」というまさかの提案がなされた。

五箇氏も「是非テレビ派ということで収録の撮り直しをさせて頂きたい」と話し、コメンテーターの堀内健は「あんたマジか?」ツッコミ、みな大爆笑となった。

その後も、フジテレビの小澤陽子アナウンサーがなぜかネット派となってフジテレビをディスったり、堀内もテレビを徹底的に嫌う発言をするなど、討論は何度も撮り直しとなるハチャメチャな展開となった。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ