凶悪すぎる『サザエさん』マスオの「詐欺と拘束」にネットが騒然

まいじつ

2018/10/9 16:00


(C)VADL / Shutterstock

10月7日に放送された『サザエさん』(フジテレビ系)で、マスオさんがサザエの両手足を縄で拘束。さらに別のエピソードではサザエに嘘をついてお金をせびろうとしたため、「今週はマスオさんの暴走がヤバい!」と視聴者の間で話題になっている。

この日、1本目のエピソードは『イクラの足あと』。近隣に住む佐久間さん宅で、カツオはクラスメイトの早川さんとともに書斎から本を借りることにした。

しかしカツオは推理小説を借りたものの、「文字が小さくて読む気がしない」と、サザエに“又貸し”。しかしサザエはその本を読んだことがあるので、マスオさんに貸すことにした。

するとその夜、マスオ&サザエ夫妻の寝室から何やら物音が。不審に思った波平&フネ夫妻が様子を見に行くと、両手両足を縛られて口に布を被せたサザエの姿があった。波平夫妻が目を丸くしていると、マスオさんは「だって、推理小説の結末を喋っちゃうと言うんです!」とひと言。ネタバレを防ぎたいあまり、サザエを拘束したようなのだ。

これには

《マスオさん、堀川くん並みに結構サイコパスみがあるぞ》
《マスオさんってこんなにヤバい奴だっけ?www》

といった驚きの声が。

 “目からウロコ”の嘘でお小遣いゲットを画策


3本目に放送されたエピソード『めざせ一等賞』では、カツオとワカメが通う小学校の運動会の様子が描かれた。同運動会には保護者参加競技もあるため、磯野一家はやる気満々で自主トレに励んでいく。

そして迎えた運動会当日、借り物競走に出場したマスオさんは「サザエ! 『千円札3枚』だってさ!」とサザエに“借り物”のお題を伝える。しかしサザエは不審に思い、お題を見せるようマスオさんに促す。すると実は、お題は“やかん”で、“千円札3枚”ではないことが判明。マスオさんは「やっぱりダメだよなぁ」と苦笑い。どうやら嘘をついて、お金をだまし取ろうとしていたらしい。

拘束に続き、奔放な行動を繰り返すマスオさんに、SNSでは

《今週のマスオさん暴走しすぎwww》
《借り物競争を利用してお金を騙し取ろうなんて、巧妙な詐欺だな》
《マスオさんのキャラが崩壊してる》
《お金騙しとるのはダメだろwwww》

どの声が続出。

借り物競争を利用したくなるほど、マスオさんのお小遣いは制限されているのかもしれない。

【画像】

VADL / Shutterstock

あなたにおすすめ