SKE48、10周年でみせた松井珠理奈の涙。特別公演後半戦レポート

日刊SPA!

2018/10/9 15:52



SKE48が10月5日に劇場公演デビュー10周年を迎えた。今年はSKE48 10周年記念特別公演と題し、4日の前編と5日の後編と二部構成で行われ、18年から08年までさかのぼる形で楽曲を披露していった。ここでは5日に行われた後編(’13年~’08年)の様子をレポートする。

幕開けを待ちわびるファンたちを前に、overtureが鳴り始めるとまず、須田亜香里、斉藤真木子、内山命、高柳明音がステージに登場。その後13人が合流し、デビュー当時に行われ、ファンの間で伝説となっているという“overtureダンスバージョン”を披露した。SKEらしさ全開の激しいダンスナンバーの「Escape」や、’13年にリリースしたシングル曲、この年におこなっていた公演の楽曲「RESET」「シアターの女神」「僕の太陽」、今年のリクエストアワーで1位を獲得した須田と松村香織が「ここで一発!」を歌い、当時を振り返っていた。

唯一の1期生となった松井珠理奈が、「10周年を分かち合える人がいなくて、さみしい…」とつぶやくと、高柳と斉藤が「もうすぐ10年です!」といいながらハグし、その後内山ともハグする流れに。この当時には8歳だったという倉島杏実は、「AKB48グループ臨時総会 ~白黒つけようじゃないか!~」を見に行っていたと明かし、同じく熱心なファンだった福士奈央と「えー、どこの席だったの!?」と盛り上がり、周囲を驚かせる一幕も。

’12年は、SKE48がNHK紅白歌合戦に単独初出場した際に歌った「パレオはエメラルド」や1期生の楽曲「神々の領域」を披露。曲がリリースされた当時は11人いた1期生だが、現在は松井のみ。そんな彼女がソロでステージに上がり、間奏では涙を流してファンに感謝の言葉を語った。

「いまは弱い私ですが…。みなさまがたくさん支えてくださったおかげで、この10年間走り続けることができました。本当にありがとうございます。これからもそばにいてください…」

チームKIIのオリジナル公演「ラムネの飲み方」がスタートした’11年。「兆し」「お待たせSet list」をKIIメンバーで歌ったのち、総選挙の壇上で高柳が「KIIで公演がやりたい」と直訴したVTRが流れ、当時の様子をこう振り返っていた。

「あのときは、ことの重大さがわかってなかったよね。あそこしか言う場所がなかったから言ったって感じ。ウラに戻ったらスタッフさんたちが青ざめてた。そのときに覚えてるのは、チームSの先輩たちが『よく言ったね』と味方になってくれたのがすごく嬉しかった!」

’10年にはチームEが結成。この当時を振り返る場面では、松村が「私、(チームE)に入れなかったんだから!」と叫び、理由を聞かれるも「…言えない。辞める直前になったら言う」と明かさない松村。仲がよい須田から「私にも言ってない?」と聞かれるも、「言ってない」とのこと。なかなか大きな新事実が眠っていそうな雰囲気だ。

その後も、’09年に始まったチームSオリジナル公演「制服の芽」や、’08年におこなったSKE48初の公演「PARTYが始まるよ」の公演曲を次々と披露。若手メンバーが踊ることが多い「PARTYが始まるよ」では、劇場初日と同じ衣装をまとった松井がセンターポジションで登場し、思わず「ヤバい」と声を漏らす。曲が終わった直後には「あー! 早くこの服脱ぎたい!」と叫び、周りを笑わせていた。当時は最年少でこの曲に参加していた松井が、この日はユニット内年長メンバーとして若手とパフォーマンスする姿を、感慨深く見守ったファンも多いことだろう。

10周年を迎えたことで、元・中日ドラゴンズ山崎武司、SKE48が公式応援マネージャーを務める名古屋グランパスの・佐藤寿人選手ら、過去にレギュラー番組で共演した大久保佳代子、河村たかし名古屋市長、大村秀章愛知県知事などからお祝いコメントがVTRで届き、大場美奈が代表してお礼を述べた。

アンコールでは、ファーストシングルの「強き者よ」と最初にSKE48がもらったオリジナル公演「手をつなぎながら」公演で歌われていた「チャイムはLOVE SONG」を歌った後、「速報」と題したVTRがスクリーンに流れ、24thシングルが12月12日にリリースとのサプライズ発表。劇場支配人の湯浅洋がなぜかステージの下へ登場し、「今日は感謝の気持ちを込めて、高いところよりは低い方が良いかなと思ってこちらへ」と語り始める。

「10周年を迎えることができました。本当にみなさまのおかげです。ありがとうございます。10年前、サンシャインの下に『SKE48ができます』と看板を出したとき、それを見た人たちが『なんだよ、AKBのマネかよ』『秋元康の許可取ってるの?』と聞かれるところから始まったグループが、よく10年続いたなと思います。それはファンのみなさん、関係者のみなさんが暖かく応援していただいたおかげです。ただ、10年でSKEが終わるわけではないので、11年目もあらためて応援のほど、よろしくおねがいします」

この感謝の挨拶の後、SKE48の卒業メンバーが「同窓会公演」を年内に行うことも発表された。

唯一の10年選手の松井がファンへの感謝とともに、「いつも厳しくしちゃう私に付いていてくれるメンバー、ありがとう! そして(斉藤)真木子、(キャプテンとして)こんなにたくさんのメンバーを引っ張ってくれてありがとう!」とメンバーへの想いを語った。

このコメントを受けて、斉藤は涙ながらに今後の意気込みを語った。

「キャプテンになって3年。肝心なところで漢字が読めなかったり、泣いてしまう、頼りない私ですが、SKE48への想いは世界の誰よりも負けないです。ステージの上は………私の楽園です! これからももっともっと愛してもらえるように、突っ走って活きたいと思います!」

最後に、松井の「新たなスタートにぴったりなこの曲を歌います」という曲紹介から、「手をつなぎながら」を歌って、2日間にわたった10周年記念特別公演の幕が閉じた。

ただ10年を振り返るのではなく、11年目を迎え、今後もグループは続いていく。これからも進みつづけるという決意が垣間見えた公演となった。

取材・文/森 祐介 写真提供/AKS

あなたにおすすめ