ソフトバンクとヤフー、スマホ決済「PayPay」を提供開始


ソフトバンクとヤフーの合同会社であるPayPayはこのほど、バーコード(1次元バーコード、QRコード)を使った実店舗でのスマホ決済サービス「PayPay」の提供を開始した。
○新規利用登録全員に電子マネーをプレゼント

同サービスは、あらかじめ銀行口座からチャージした電子マネー(「PayPay」電子マネー・「Yahoo!マネー」)と、クレジットカードの2種類の支払い方法を選択できる。バーコードの読み取り方式は、事業者側が掲示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン」方式と、ユーザーがアプリに表示したバーコードを事業者側がレジなどで読み取る「ストアスキャン」方式の2通りを提供する。

サービス開始にあたり、ユーザー向け特典として、新規利用登録をした人全員に500円相当の「PayPay」電子マネーをプレゼントする。加えて、近日中にはさらにお得なキャンペーンも実施予定。

加盟店向けには、2021年9月末までの3年間、「ユーザースキャン」方式の決済手数料を無料とするとともに、「Alipay」アクセプタンスマーク付きQRコード設置店での「Alipay」による決済(2019年秋提供開始予定)の手数料も、2019年9月末まで無料とする。

なお、「PayPay」のサービス開始に伴い、現在ヤフーが提供している「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済サービスは近日中に提供を終了し、「Yahoo!JAPAN」アプリからも「PayPay」のサービスを利用できるようにするとしている。

あなたにおすすめ