Facebookは他社と差別化?Amazon Alexa搭載のビデオ通話に特化したデバイス「Portal」を発表

かみあぷ速報

2018/10/9 14:00


ディスプレイ搭載のスマートスピーカーの開発が噂されていたFaceBookですが、公式ページにて正式に発表がされました。

■ビデオ通話をメイン機能にしたデバイス「Portal」、Amazon Alexaを搭載


Facebookが発表したのは、ビデオ通話をメイン機能とするデバイス「Portal」。



GoogleやAmazonの発売するディスプレイ付きスマートスピーカーに似た製品にはなるのですが、公式ページでも「ビデオ通話デバイス」としており、そこが差別化のポイントとなっているようです。

そのためか「スマートカメラ」と呼ばれる機能では、画面に映っている人を認識し、他の人が写ると…



自動的にカメラが引いて2人がちゃんと画面に収まるよう調整してくれたり、1人でもフレームから外れそうになると調整してくれたりするそう。



会話に関してはもハンズフリー通話だと周りの雑音が入りがちですが、「スマートサウンド」機能によりAIが雑音を最小限に抑えてくれるんだとか。

加えてビデオ通話は「Portal」同士だけでなく、Facebookメッセンジャーを使って通話も可能。最大7人とグループ通話もできるそうです。



とここまでだと、ビデオ通話専用のデバイスか…と思ってしまうのですが、なんとAmazon Alexaを搭載しており、スマートスピーカーとしても利用が可能。



てっきり独自の音声アシスタントを用意するかと思ったのですが、まさかのAlexa搭載には驚きです。そういう意味でもFaceBookは、あくまで新たなビデオ通話デバイスに開発リソースを割いたということなんでしょうね。

Facebookというと最近、約5,000万人の個人情報が流出などのニュースもあり、プライバシーが気になる人からすると、音声や画像データなどがどう扱われるか気になるところでもあります。

そのような懸念にも配慮はされており、ワンタップでマイクとカメラをオフにする機能の他、物理的にカメラを覆うカバーも用意。



会話内容に関してもFacebookは保存しないと名言しています。

発売されるのは、10.1インチディスプレイ搭載の「Portal」と15.6インチディスプレイ搭載の「Portal+」の2モデル。「Portal+」は、ディスプレイを90度回転可能で縦横どちらでも使えるようになっているようです。



気になる価格は「Portal」が$199、「Portal+」は$349で、ブラック・ホライトの2色展開。現在予約受付中で、11月12日発売予定となっています。

あなたにおすすめ