高橋一生演じる変わり者講師がもたらすハートフルドラマ『僕らは奇跡でできている』スタート

テレビドガッチ

2018/10/9 12:00

高橋一生が、主演を務める新ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)が、10月9日からスタート。高橋は、生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝を演じる。

不得意なものは先送りさせ、空気が読めず、時間やルールも守れないが、その一方で、常識や固定観念にとらわれない、ユニークなものの見方をする一輝。周囲の人々はそんな彼の言動に戸惑い、ときにいらだちながらも、自らの価値観が大いに揺さぶられていくのだった……。

高橋のほかに、一輝が通う歯科クリニックの院長・水本育実を榮倉奈々、一輝と同じ大学の研究室で働く准教授・樫野木聡を要潤、一輝の同僚講師でアリを専門に研究する沼袋順平を児嶋一哉(アンジャッシュ)、一輝の恩師で動物学の権威・鮫島瞬を小林薫が演じる。

<第1話あらすじ>
相河一輝(高橋)は、動物の行動を研究する“動物行動学”を教える大学講師。陶芸家でもある祖父の相河義高(田中泯)に見守られて育ち、今は住み込みの家政婦・山田妙子(戸田恵子)と暮らしている。半年前、かつて師事した鮫島瞬教授(小林)のすすめで講師になったが、大好きな生き物の研究に没頭する一方で、それ以外のことにはとことん無頓着な一輝。人の話を聞かなかったり、空気を読むことができなかったりして、悪気なく失言してしまうことも少なくない。さらに、職場のルールを守ることができず、事務長の熊野久志(阿南健治)には日々叱られ、同じ研究室の樫野木聡(要)や沼袋順平(児嶋)からも変わり者扱いされていた。

そんなある日、不得意なものは先送りにするという悪い癖がたたり、歯の痛みが我慢できなくなった一輝は、鮫島の紹介で歯科クリニックを受診する。そこで出会った水本育実(榮倉)は、容姿端麗で若くして院長を務める、まさに才色兼備なエリート。年下でオシャレな歯科衛生士の丹沢あかり(トリンドル玲奈)もうらやむような人生を送っていた。

早速、来院した一輝の診療にあたる育実だったが、やがて、一方的に話したり、診察の時間を守らない一輝の態度にいら立ちを隠せなくなり、ついに「常識っていうものがないんですか?」とキツイ一言を浴びせてしまう……。

あなたにおすすめ