「色づく世界の明日から」第1話のカットが到着。色覚を失った少女が60年前の長崎へ!

WebNewtype

2018/10/9 12:08

10月5日(金)に放送されたテレビアニメ「色づく世界の明日から」第1話のカットとあらすじが到着しました。

<第1話「キミノイクベキトコロ」あらすじ>幼い頃に色覚を失ってしまった、魔法使い一族の少女・月白瞳美。祭りの夜、彼女は祖母の琥珀から「高校2年生の私に会いに行きなさい」と告げられ、魔法で60年前の過去へと飛ばされる。気づくと彼女は、南ヶ丘高校に通う高校生・葵唯翔の部屋にいた。自分の身に何が起きたかわからず、あわてて部屋から逃げ出す瞳美。しかしその姿が、唯翔の友人である川合胡桃たちに目撃されていて……。

第1話「キミノイクベキトコロ」は、MBSで毎週金曜26時25分 ほか、各局で放送。Amazon Prime Videoにて、日本・海外独占配信されます。

本作はP.A.WORKS制作によって、長崎県を舞台に描かれるテレビアニメ。魔法が存在する社会で、魔法使いの血を引いていながら魔法が使えず、色覚異常を持つことから灰色の視界の中で過ごしてきた女子高生の月白瞳美。ある日、祖母の時間魔法によって送られた60年前の2018年、見ず知らずの男子高校生・葵唯翔に出会い、鮮やかな色がついた彼の絵が瞳美の目に飛び込んできたのでした。(WebNewtype)

https://webnewtype.com/news/article/165042/

あなたにおすすめ