MacBook Pro 2018の一部は、Appleしか修理できない?(修理できちゃった報告もあり)

180730_macbook_pro_2018_review_gizmodo_us_2
Image: Gizmodo US

真相は一体?

iMac ProとMacBook Pro(2018年モデル)には、他のMacにはない「T2チップ」という補助プロセッサが搭載されています。

このプロセッサは、Touch IDのデータを安全に保存したり、システム管理コントローラ、画像信号プロセッサ、オーディオコントローラなどといったチップをまとめて制御する役割があります。SSDを暗号化するのもT2、OSのシステム部分を安全に保つのもT2、この補助チップがMacを守りすぎているせいか、Apple以外の業者による修理ができないという情報があります。

Appleの内部資料から判明


きっかけとなったのは、MacRumorsを含む複数のメディアがApple(アップル)の内部ドキュメントから得た情報です。それによると、T2チップを搭載したiMac ProとMacBook Pro(2018)ではAppleの診断ツールがないと特定の修理が完了できないとのこと。つまり、診断ツールを持っていないAppleと正規サービスプロバイダー以外の業者は、一部修理が不可能ということになります。

この一部修理とはMacBook Proのディスプレイ部品、ロジックボード、トップケース、Touch IDボード、そしてiMac Proのロジックボードとフラッシュストレージを含みます。

しかし修理できちゃった


ところがその後、分解レポートでおなじみ修理業者のiFixitはMacBook Pro(2018)のディスプレイとロジックボードの交換を実施したところ、デバイスは問題なく動作したのです。もちろんiFixitはApple認定の修理業者ではありませんから、「修理ツールが必要」という文言は本当だったの?という疑問が浮かび上がるのです。

これについて、iFixitは「Appleは修理後のパーツ、あるいは修理自体の情報を追跡したかったのではないか。たとえパーツが通常に動作したとしても、"未認証"という情報が残る可能性はある」と報告しています。

現時点ではT2チップ搭載Macが通常に修理可能なのか、あるいはそうでないのかはなんともいえません。仮に開けて治らなかったときが怖いので、僕は必ずAppleの修理を受けたいと思います。

Source: MacRumors, iFixit

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ