『news zero』有働由美子初週平均8.7%、前週比1.3ポイント上昇


1日から元NHKアナウンサーの有働由美子をメインキャスターに迎えてリニューアルした日本テレビ系ニュース番組『news zero』(毎週月~木曜23:00~、金曜23:30~)の初週(1~5日)の平均視聴率は8.7%となり、前週から1.3ポイント上昇した。

初回10.0%で2ケタ発進となったが、タモリと有働の対談を放送した翌日はそれを上回る10.4%を記録。以降も、7.9%、8.4%、6.6%と好調に推移。9月第4週(24~28日)は、28日が24時5分開始とレギュラーより時間が繰り下がっての放送で、週平均は7.4%だった。

また、元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美をメインキャスターに迎えた同局系『報道ステーション』(毎週月~金曜21:54~)も、前週平均10.6%から11.0%に上昇。

月曜に風間俊介、水曜に工藤阿須加を新たなメインパーソナリティに迎えた日テレ系『ZIP!』(毎週月~金曜5:50~)も、7.5%から7.8%に上昇した。

その他リニューアル、新たにスタートした帯番組の初週平均視聴率は、以下の通り。

『バゲット』(日テレ、毎週月~木曜10:25~)2.7% (前週『PON!』3.5%)
『ワイド!スクランブル・第1部』(テレ朝系、毎週月~金曜10:25~)4.6% (前週4.8%)
『ワイド!スクランブル・第2部』(テレ朝系、毎週月~金曜12:30~)4.9% (前週5.4%)
『まんぷく』(NHK総合、毎週月~土曜8:00~)21.9% (前週『半分、青い。』22.8%)

視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区。

あなたにおすすめ