ポスト・マローン、マーク・ウォールバーグ主演作で映画デビュー

Billboard JAPAN

2018/10/9 10:00



ロバート・B・パーカーによる犯罪ミステリー小説シリーズを映画化した、マーク・ウォールバーグ主演映画『Wonderland』(原題)に、ポスト・マローンが出演することが明らかになった、と米ヴァラエティ誌が報じている。

これまでに米NYタイムズ紙のベストセラー・リストに計48回も名を連ねている、ロバート・B・パーカーによる人気小説“スペンサー・シリーズ”の2013年に発表された同タイトルの小説を映画化した『Wonderland』は、過去に4作品でウォールバーグとタッグを組んでいるピーター・バーグが監督を務め、他にはウィンストン・デューク(映画『ブラックパンサー』)の出演が決定している。映画は、Netflixにて配信限定で、2020年に公開される予定だ。

ポスト・マローンは、現地時間2018年10月5日に髪をバッサリを切り、イメチェンした姿を「俺の音楽を聴くのをやめないでくれ」というコメントとともにSNSに投稿していた。その後、彼の新しい髪形に驚いたような表情をみせるナズとの2ショットも公開している。

◎ポスト・マローンによる投稿
https://twitter.com/PostMalone/status/1048383733156343808
https://www.instagram.com/p/Bor1GX3Bo5Z

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ